旅行・レジャー

こだわりOFF

いくら包めばいい? 結婚のお祝いや香典の金額の割り出し方 日経おとなのOFF

2012/10/24

不祝儀の相場は友人・知人で5000円。多すぎるのもダメ

 不祝儀の額も、故人や遺族との付き合いの深さや自分の年齢、社会的立場などを勘案して算出する。特に親しくない近所の人などは3000円、友人、同僚は5000円、親類、取引先関係者で1万円程度が相場。祝儀と同様、4や9で始まる額は避ける。

 親への香典は10万円が相場とされるが「親が生前、葬儀費用を用意しており、子どもたちが多額の香典を出す必要がない場合もあるなど、一概にはいえません。子ども同士で相談し、臨機応変に額を決めては」と近藤さんは提案する。

 葬儀案内に「ご厚志お断りします」とあれば、香典や供花を遠慮するという意味。その場合は故人の遺志や家族の意向をくみ、何も持たずに弔問するのが礼儀だ。

【不祝儀袋のグレードも包む金額次第】

 5000円なら印刷タイプ、5000~2万円は奉書紙に黒白の水引がかかったタイプを。

アドバイザー

近藤珠實さん
 『清紫会』新・作法学院学院長。日本各地の企業やテレビ番組などでさまざまなマナーの指導に当たる。『冠婚葬祭とおつきあい新・大人のマナーブック』(オレンジページ)など著書多数。

(ライター 籏智優子)

[日経おとなのOFF2012年9月号の記事を基に再構成]

ALL CHANNEL