エンタメ!

エンタウオッチング

有吉は月額7億円超 人気者のネット発信と広告価値 日経エンタテインメント!

2014/5/19

多数の読者数を誇るネット界のセレブたち。ツイッターとフェイスブックについて、彼らの書き込みの広告価値をお金に換算し、その金額をランキング化した。

一言ネットに書き込むだけで、瞬く間に200万人以上に情報が広がっていく、お笑い芸人・有吉弘行や、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅのツイッターアカウント。彼らのアカウントには月に5億円以上の広告価値があるという(下の表)。自己紹介サイトのフェイスブックでは、歌手の安室奈美恵のアカウントは1日あたり700万円以上の広告価値に。最新のネットサービスを利用する芸能人の発言力、そしてその金銭的価値は日々右肩上がりで上昇している。

■芸能人は書き込みが命

この価値をさらに上げるため、ネット界のセレブたちは、他のセレブとの写真や、マスコミには明かさない本音など、自己のアカウントを通じてしか知り得ない特ダネを提供する。人気作りのために、歌舞伎役者の市川海老蔵は、1日に20回もブログを更新するほど。

中には一般の閲覧者からルール違反の暴言コメントを受け取ることも。しかし、どううまく終結させるかを見せる「炎上ショー」も、閲覧者を増やす格好のステージだ。

海外でも、ケイティ・ペリーとジャスティン・ビーバーのフォロワー獲得合戦が話題になるなど、今や、多数の閲覧者を抱えることが、セレブの証になる時代。そのアカウントの広告価値が、今後、マスコミへの出演ギャラに反映される時代も来るかもしれない。

(写真 辺見真也、中村嘉昭、赤平純一)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL