家で職場で英語力アップ オンライン授業、手軽に

インターネットを通じ好きな時間に英語を学べるオンライン授業の利用が広がっている。学生や仕事で教室に通う時間が確保できないビジネスパーソンらが注目。どこに住んでいても人気の“カリスマ講師”の授業を受けられることも、魅力になっているようだ。実際の授業はどのようなものなのか、調べてみた。

オンラインでどこにいても英会話のレッスンが受けられる「ベルリッツ・バーチャル・クラスルーム」(東京都港区)

「What is the businessman doing now?(この男性会社員は何をしているところですか)」。マイク付きヘッドホンを着けた外国人講師がパソコンの画面から、問いかけてくる。受講者は自宅のパソコンで声と画面のテキストを確認しながら質問に答えていく。

身ぶり・表情に頼らず

語学教育大手のベルリッツコーポレーションが展開する英会話教室「ベルリッツ・バーチャル・クラスルーム(BVC)」の一場面だ。ネットにつながりさえすれば、自宅でも仕事場でも受講できる仕組み。予約すれば世界各国の講師のマンツーマン指導も受けられる。

講師の顔は見えないが、聞き取れなかった単語は画面に表示される。同社の担当者は「講師の顔が見えない分、ジェスチャーや表情に頼らず、英語力を高められる」という。

開講時間は平日で午前8時半から午後11時25分まで。最近は出勤前に学ぶ需要もあるため、スタート時間はさらに2時間程度早める予定。教室に通っていた都内の女性会社員(27)は「仕事で予定をたてにくいため教室通いは難しい。オンライン授業ならしっかり勉強できる」と話す。受講料は1コマ40分で6100円(6月末までは5500円)からとなっている。

MONO TRENDY連載記事一覧