相手チームが感動する日ハムの“デュエット応援”

女性ファンは球場の雰囲気をガラリと変えるパワーを持っている。それを実感できるのが北海道日本ハムファイターズの応援ソングだ。曲中の応援の声出しが男性パートと女性パートに分かれており、掛け合いの構造になっている。動画投稿サイトなどで見ることができるが、ネット上のコメントを見ると「感動した」「相手チームながらうらやましい」といった意見が多数みられるほどだ。

日ハムの公式スマートフォンサイト『GO! GO! ハッピーガール ファイターズ性格診断 恋愛バージョン』

そもそも女性ファンが少なければ女性パートは成り立たない。日本ハムのウェブサイトをみると、試合を参加型のイベントとして楽しむための情報提供を充実させている。日ハムの「ファイターズガール」は、応援ダンスを教える動画を多数用意するなど女性ファンのリーダーであることを強く意識している。

日ハムの女性ファン対応はユニークで、4月下旬には公式スマートフォンサイトで『GO! GO! ハッピーガール ファイターズ性格診断 恋愛バージョン』というコンテンツの配信を始めた。性格診断に加えて選手との相性診断もでき、ツイッターやフェイスブックで結果をシェアすることもできる。

球団グッズの品数が多いことで知られる阪神タイガースでは、「タイガース女子」を「TORACO」と名付け、読者モデルを採用した女性誌ノリのプロモーションを展開している。5月17日、18日には「TORACO DAY」と銘打ち、球場限定のスイーツを女性客に提供した。

阪神タイガースは、読者モデルを採用したプロモーションを展開

注目記事
次のページ
ハードからソフトへ、女性のハートをつかめ