出世ナビ

職場の知恵

付き合っていい彼、ダメな彼の見極め方

2013/1/23

 「出会った当時は明るくて優しかったのに、付き合ってみたら」「こんなはずじゃなかった」――。付き合って初めて分かったパートナーの素顔に悩みを抱えている人は少なくない。こんな「選択ミス」をしないためのコツ、チェックすべきポイントを元女性探偵に聞きました。

 月刊誌日経WOMANが2012年12月号の恋愛特集の読者アンケートで「交際相手に対して求める条件は?」尋ねたところ、上位に挙がったのは、「一緒にいて安らぐ」「一緒にいて楽しい」「自分を大事にしてくれる」といった答え。多くの女性たちが、恋愛に癒やしや安心感を求めていることが分かった。

 その一方、いざ付き合ってみると、付き合う前に想像していた男性と違ったという人もいるはず。あるいは、今付き合っている男性と結婚して幸せになれるのか、付き合っていても結婚したいと思えないといったことに頭を悩ませている女性も多い。

■見るべきはまず行動 意外にマザコン男はOK

 

 元探偵にして、今までに2万件以上の恋愛カウンセリングや調査を手がけたカウンセラーの山崎世美子さんは、「恋愛に癒やしや楽しさを求めていると、つい言葉で判断してしまうことが多いと思います。ですが、本当にいい相手を見つけたいのなら、言葉ですべてを判断しないことが大切」と指摘する。

 「『愛している』『君しかいない』といった、耳当たりのいい言葉ばかりを口にする男性は大勢います。一瞬クラッとしたとしてもグッと踏ん張り、客観的に相手の行動を観察することが重要なポイントです」(山崎さん)。

 そこで、幸せな恋愛をしたい女子のために、付き合ってOKな男性と、付き合ってはダメな男性を山崎さんに分類してもらった。タイプごとに見極め方が違うので、身近に気になる人がいたら、当てはめてみよう。

 癒やしや優しさ、将来性を重視するなら、「マザコンやケチ男、浮気男といった、一見“絶対NG”な男性のなかにも、付き合い方次第では幸せになれる男性もいる」と山崎さん。先入観なしに男性の行動をチェックすれば、意外にも付き合うと幸せになれるタイプか、どう頑張っても幸せになれないタイプか、おのずと明らかになるという。

 自分の判断が不安なときは、男性の周辺人物を観察することも有効だ。行動を共にしている友人とは、性格や言動などが似てくるのだという。

 「恋という魔法にかかると、言葉だけを信じて振り回されてしまうことがあります。恋愛で幸せになりたいのなら、男性の本質を“第三者”の立場から見抜く目を養い、信頼できる男性かどうかを冷静に判断しましょう」(山崎さん)。

【関連キーワード】

恋愛マザコンDVオタク結婚婚活

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL