フード・レストラン

ホントが知りたい 食の安全

有機野菜ってカラダにいいの? ホントが知りたい食の安全 有路昌彦

2013/1/4

 ますます気になる食の安全。私たちの生活と健康に直接関係するだけでなく、ちょっとした誤解から風評被害が発生、何千億円規模の損失が出ることも珍しくありません。多くの人が幸せに暮らすには、バランス良い世の中であることが大切。そのためには風評被害のようなダメージが発生しないようにすることが必要です。この連載では、食と環境をテーマに、バランスよく持続可能になるにはどうすればよいかを専門に研究している筆者が、毎日の生活から浮かび上がってくる「食の安全」の疑問を解決します。

 有機野菜と聞けば、どのようなイメージをもたれますか。ちょっと割高だけど、安全で安心できる、味がよい、というようなイメージでしょうか。

 日本にはJAS(日本農林規格)有機認証があり、有機農産物の認証は公的に行っています。世界的にはGAPという認証制度があり、ほかにも多くの有機農産物認証があります。

 これらには明確な基準があり、基本的に化学肥料や農薬の使用を控えて生産するので、除草などに手間がかかり収穫量が比較的少ない分、基本的には割高になります。

 私もできるだけ農薬を抑えている米を継続的に食べていますし、地域の販売コンサルティングをするときにも有機野菜の生産をお勧めしています。

 でも、リスク学の視点で言うと、有機野菜だから安全であるとか、化学肥料や農薬を使った慣行農法であるから危険であるということは、現在はありません。

 日本で使用が認められている農薬や化学肥料は厳密な基準で、種類と量が決まっています。口に入れる時点での残留性までを考えたうえで、そのリスクを評価して管理されています。

■有機野菜は「天然の農薬」をつくる

 では、有機野菜に代表されるこういった有機農産物が持つ、「本当の意義」とは何でしょうか。

 有機野菜は、植物が本来もっている天然の化学物質「ファイトケミカル」をたくさん含んでいるので体に良い、という説があります。しかしこれには科学的根拠はありません。

 そもそも植物も生物であり、生体防御反応を持っています。いわゆる「天然の農薬」を自分で作ります。野菜に害虫によるストレスを与えるとこの生体防御反応が生じ、いろいろな物質をつくります。こういう物質を抽出し化学的に合成して新薬としての農薬を作ることもあるほどです。

 だから有機野菜が体にいい、という理屈にはなりません。有機野菜が体にいいとか、安全だ、というのは本質的には、「プラセボ(偽薬)効果」に近いものであり、心理的な側面のほうが強いでしょう。

フード・レストラン

ALL CHANNEL