20代、30代、40代 年代別ひとり時間にやるべきこと

社会に出て間もなく仕事や人間関係に悩む20代、仕事を任される立場になる一方で、結婚や出産などを経験する人も多い30代、20代、30代と培ってきたものを開花させる実りの時期の40代、いくつになっても自分らしく過ごしたいものです。とはいえ、20代、30代、40代と、年代別に「ひとり時間」の過ごし方は変化していくはず。ひとり時間の達人におすすめの過ごし方を聞きました。

自分らしく過ごすために、どの年代でも、ひとり時間で考えるべきことがある

20代、30代、40代と「ひとり時間」の過ごし方は変化していくはずですが、一方でどの年代でも考えておきたいことがあります。以下の5つを、例を参考にチェックしてみましょう。

どんな人生を送りたい? 例)笑顔で過ごし、周囲の人に幸せになってもらう
→ 漠然とでもいいのでどんな人生を送りたいか、思いを文字にしてみよう。気づかなかった自分の気持ちを再発見することも

どう健康を維持したい? 例)ムリをして体を酷使しすぎない
→ 健康を維持する際に、今、最も自分が配慮すべきことを思い起こしてみる

どんな人間関係を築きたい? 例)かかわった人が、快適に過ごせるように配慮する
→ 人間関係を築く上で一番大切にしていることを考えてみる

どう仕事と向き合いたい? 例)仕事を通じて、多くの人を笑顔にする
→ 仕事をする上で自分が得たいこと、実現したいことを振り返ろう

お金との付き合い方はどうしたい? 例)自分の成長につながるようにお金を使う
→ どんなお金の使い方が理想的かを確認してみよう