おなか引き締め、猫背改善 深い呼吸で若返る日経ヘルス

緊張したときに息苦しくなり、深呼吸をしたら落ち着いた――。そんな経験を持つ人は多いだろう。私たちは、1日におよそ2万回の呼吸をするといわれる。そんな「無意識」に繰り返している呼吸を「意識」して行うと、姿勢の改善や代謝の向上といった効果が期待できる。日常生活の中で簡単にできる呼吸法を紹介しよう。

無意識に行う普段の「呼吸」に対して、呼吸の長さやリズムを変え、動作をつけるなど、意識的に行うのが「呼吸法」だ。呼吸法も重視する中国の気功やインドのヨガなどは、国内外の医療の現場にも取り入れられている。

簡単な腹式呼吸と胸式呼吸

最も身近で簡単な呼吸法は、「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2つだろう。

腹式呼吸は、息を吐くときにお腹をへこませ、吸うときにお腹を膨らませる方法。この呼吸法では、肺と胃や腸の境目にある横隔膜という筋肉を大きく動かせる。

胸式呼吸は、胸を大きく膨らませたり縮めたりするのを繰り返す方法。この呼吸法では、胸郭(胸部の外郭を作る骨格全体)を大きく膨らませるため、肋骨と胸の筋肉に働きかけ、背骨の動きの柔軟性も高める効果が期待される。

呼吸法によってもたらされる健康効果は、主に5つある。順に「心が落ち着く」「姿勢が整う」「肩や首の凝りの改善」「代謝アップ」、そして「自律神経を整える」だ。

なかでも、呼吸法で最も実感しやすいのが、「心が落ち着く」ことだろう。東邦大学の名誉教授、有田秀穂さんは、「腹式呼吸を5分以上繰り返すと、心をすっきりさせる役割がある脳内の神経伝達物質、セロトニンが増える」と、呼吸とリラックスとの関係を説明する。

体の動きに呼吸を上手に合わせると、代謝の向上や姿勢の改善といった効果も高められる。ここでは、呼吸法と合わせた3つの簡単なストレッチを紹介しよう。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
筋肉に弾力性
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント