ドラマからコント番組、声優、演歌まで、活動範囲広げるAKB48の戦略

AKB48の活動はユニットやソロなど多角的に広がっている。主力メンバーのドラマ、バラエティ、CM出演だけでなく、コント番組や声優など意外なメンバーが新しい魅力を発揮する場が増えている。
 

グループの人気が定着して、個々のメンバーの人気浸透が求められるようになったAKB48。今年も様々なジャンルでメンバーが活動を見せているが、昨年と比較したときに注目すべきポイントは、二つある。

一つは、メディア活動を展開するメンバーが、知名度の高い主力メンバー以外にも拡大していること。もう一つの特徴は、複数のメンバーが出演するケースが増えていることだ。

2011年は、篠田麻里子や大島優子の月曜9時の連続ドラマ出演のように、外部のクリエイターに単独のメンバーが抜てきされて出演するケースが多く、必ずしもAKB48ファン層とターゲットが重ならない場合もあった。これに対して2012年は、AKB48ファン層を視野に入れたプロジェクトが多い。

声優オーディションを実施

(上)秋元才加、宮澤佐江ら7人がチームUとして出演する映画『ウルトラマンサーガ』(3月24日公開)、(下左)AKB48メンバーによるコント番組『びみょ~』(ひかりTV配信)、(下右)前田敦子出演ドラマ『最高の人生の終り方』(TBS系)

2012年春には、AKB48メンバーが声優を務めるテレビアニメ『AKB0048』がスタートする。キングレコード・スターチャイルドレーベルで『新世紀エヴァンゲリオン』などのヒット作を手がけた大月俊倫氏の提案で「AKB48を題材としたアニメ」の企画が立ち上がったのは、2010年秋。『マクロスF』などを手がけたことで知られ、『AKB0048』の原作と総監督を担当する河森正治氏は「劇場公演を中心に取材を始めたが、ファンはAKB48の舞台裏も見ているので生身にはかなわない。SF的なテイストを加えて描いたほうが弾けると思った」と語る。

当初は声優にメンバーを起用する構想はなかったが、「選抜総選挙前の緊張感、ガチ感を見ていて、メンバーの起用に変更」(河森氏)。AKB48グループのメンバーのうち約200名が参加して、声優オーディションが行われた。

エンタメ!連載記事一覧