N
マネー研究所
日経マネー 特集セレクト

親の介護、何歳からいくらかかるか介護のお金の仕組み(1)

2012/1/4

日経マネー 特集セレクト

老後のお金といえば、将来の自分の年金や医療費が気になるところですが、親の介護にどれだけのお金が必要かについても、大まかに知っておきたいものです。この連載では、前編と後編の2回に分けて、「介護のお金」について解説します。前編の今回は、介護にかかる費用の算出方法などを取り上げます。

老後にかかるお金で、最も想像しにくいのが介護費用だ。自分も健康で、親も退職したばかりという家族の場合、介護にかかる費用が一体いくらかかるのか検討もつかないだろう。だが、親が倒れてしまってから慌てるのでは遅い。ここでは、何歳からどんなことにお金がかかるのかをざっくり知っておこう。

厚生労働省の調査によると、要介護認定を受け始める平均年齢が75歳、認知症高齢者グループホームを利用している人の半数以上が85歳という。つまり、一般的に75歳までは介護を必要とせずこれまで通りの生活ができ、80代になると介護を必要とする度合いが進み、80代後半になると特定の介護付き施設に入居する可能性が高くなる。

さてそのときにかかるお金だが、まずは介護保険のしくみを知ろう。介護保険の費用は、半分が税金、半分が40歳以上の人が亡くなるまでに支払う保険料でまかなわれている。保険料は40~64歳の人は公的医療保険と合わせて徴収される。加入している健康保険によって保険料は違うが、毎月約1500~2000円を支払う。65歳以上の人は、納めている住民税などによって違うが、全国平均は月額約4000円だ。

介護が必要になる年齢と利用する介護サービスの例と料金の目安
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
次のページ
介護サービス費の1割を負担
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし