2014/5/23

東京ふしぎ探検隊

静岡も関東? 経産省・環境省・農水省など

静岡県まで含むケースもある。経済産業省だ。関東経済産業局は「1都6県+山梨県+長野県+新潟県+静岡県」が管轄エリア。「関東甲信越」ならテレビなどでよく耳にするのでなじみがあるが、静岡県がなぜ入るのか。静岡県も関東なのか。

「東京通商産業局と呼んでいた戦後間もない時代から、このエリアでやっています。理由は定かではありませんが、電力の関係があるのかと思われます」。担当者によると、静岡県の一部が東京電力管内に含まれていることなどが影響した可能性があるとのことだった。

静岡県が入って新潟県が抜ける変則的な「関東」もあった。関東地方知事会と農林水産省関東農政局だ。両者とも「1都6県+山梨県+長野県+静岡県」となっている。

かと思えば「1都6県+山梨県+新潟県+静岡県」もある。環境省関東地方環境事務所だ。「管理する国立公園のエリアに合わせている」という。県をまたぐ国立公園もあるため、長野県と福島県の一部も管轄に含めている。

林野庁は1都10県 福島が入って長野が外れる

だんだん地理パズルのようになってきた。林野庁関東森林管理局は福島県も「関東」に含めている。「1都6県+山梨県+新潟県+静岡県+福島県」が管轄エリアだ。同局の担当者によると、ここに落ち着くまでは長い歴史があった。

営林局と呼ばれていた戦前、全国には出先機関が6カ所にあった。このうち東京営林局は1都11県をカバーしていた。1都6県に山梨、長野、新潟、静岡、福島の各県を加えたエリアだ。

戦時中、東京にあった営林局を地方に疎開させることになった。候補となったのは福島県、群馬県、栃木県。このうち、群馬県の前橋市に白羽の矢が立った。

戦後になり、林野行政は一新された。出先機関も再編され、東京営林局は前橋、東京、長野に3分割された。長らくこの体制だったが、98年に営林局を再び整理することになり、前橋と東京を統合。現在の1都10県になった。

関東経済産業局は静岡県も管轄している(東京・文京)
関東地方整備局と関東農政局、違いは静岡県を含むかどうか(東京・江東)
舛添要一知事(右)は初出席した関東地方知事会議で司会を務めた(5月13日、東京・千代田の都道府県会館)

次のページ
かつては濃尾平野も関東だった