虫嫌いのママも納得 昆虫と仲良く暮らす秘訣

日常生活で昆虫を目にする機会が減っている。広く使われている学習帳の表紙からも、定番の一つだった虫の写真がなくなった。世の中から虫好きがいなくなってしまったわけではないが、虫との触れ合い方が昔とは変わってきているようだ。人と虫とのかかわり方について最近の事情を探ってみた。

定番ノートから昆虫が消えた

昆虫の表紙写真がなくなり、ほとんどが植物の写真になっているジャポニカ学習帳

多くの人が小学生時代などにお世話になった「ジャポニカ学習帳」。表紙に世界中の様々な風景や生き物の写真をあしらった学習ノートで、1970年の発売以来累計10億冊以上が売れているロングセラー商品だ。表紙の写真は、海外の珍しい昆虫なども多かったが、近年ちょっとした“異変”が起きている。

文具店の店頭を見ると、現在のジャポニカ学習帳の表紙はなぜか大半が花の写真。昆虫の写真は1冊もない。どうしてなのか。販売元のショウワノート(富山県高岡市)によると、表紙に使う写真はいずれも「ジャポニカ学習帳特写取材班」が世界中で撮影した貴重なオリジナル写真。改版は4年に1度で、「現シリーズ『アフリカ編』は、撮影できる昆虫の数が少なかったため、植物の表紙になった」(版権部)という。

もう昆虫は表紙に登場しないのか。版権部に尋ねると「今後、シリーズが変わるタイミングで昆虫が再登場する可能性はあるかもしれませんが……」という。

子どもたちの間ではヒーロー

8月8日に発売された、カメラ撮影した写真で様々な虫が出現する「ムシキングむしとりバトルずかん」

昆虫は子どもたちの「嫌われ者」になった? 否、子どもたちの間ではむしろヒーローになっているものもある。

2003年にアミューズメント施設に登場し一大ブームとなったセガ(東京・品川)のトレーディングカードゲーム「甲虫王者ムシキング」。「ギラファノコギリクワガタ」や「ヘラクレスオオカブト」など世界中の実在する昆虫が描かれたカードでバトルする。セガによると、ゲーム機は09年12月に稼働停止したが、カードの累計出荷枚数は4億枚以上。稼働停止後もファンの声は根強く、13年8月にはカメラ撮影した写真で様々な虫が出現するスマホ型トイも発売された。