痛くない、疲れない「ヒール靴」の正しい選び方、教えます

試し履きでは、フィット感を確かめよう。つま先部分は、足指のために余裕が欲しいが、それ以外はジャストフィットしていることが大事だ。「楽そうだからと、足幅が大きめの靴を選ぶ人が多いが、それだと前すべりしやすくかかとが抜けて歩きにくい。開張足や外反母趾の一因になる」と塩之谷副院長。

【ステップ2】 試し履きで、あなたに合うヒール靴か見分ける

1.つま先に1cmほど余裕がある

つま先に余裕がないと歩いたときに爪や足指が当たりやすく痛くなる。ワンサイズ上を。

2.甲の部分がフィットする

つま先を覆う部分にすき間があったり、逆に甲に食い込んでいるとダメ。覆う部分が浅すぎるのも歩きにくい。

3.屈曲性がある

かかとを上げて地面をけるとき、靴底が前側3分の1でしっかり曲がり、屈曲性に違和感がないこと。

ジャストフィットする靴はきつくて痛くなりそう、というイメージは間違い。足と靴の一体感が高いほど歩きやすく、足トラブルが軽減し、足の形が損なわれにくいことを覚えておこう。


【ステップ3】 最後に「歩きやすいか」を確かめる

歩くときのポイント

・いつものスピードで歩く

・固い場所と柔らかい場所を歩く

1.かかとが抜けない

履いただけでは意外と分からない脱げやすさ。いつものスピードで歩いてチェックしよう。

2.土踏まずがフィット

土踏まずの部分が強く当たったり、逆にすき間ができていたりしないこと。

3.靴の側面が浮かない

歩くと靴の側面が浮いて、足との間にすき間ができるのはジャストフィットしていない証拠。

注目記事
次のページ
実際に店舗で選んでみよう