米アカデミー賞 日本代表はなぜ「舟を編む」なのか日経エンタテインメント!

日本映画製作者連盟(映連)は2013年9月5日、第86回米アカデミー賞最優秀外国語映画賞(アカデミー外国語賞)の日本代表作品を発表した。石井裕也監督の「舟を編む」。これが話題を呼んでいる。最有力候補は、5月に行われたカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、既に世界的に評価が高かった是枝裕和監督の「そして父になる」と目されていたからだ。

映画「舟を編む」。三浦しをんのベストセラー小説が原作。辞書「大渡海」編集部に加わった馬諦は、作業にのめり込む一方で、板前修業中の女性に恋をする。辞書は言葉を探す舟。誰かと話し、つながりたくなる、心満たされる1作。写真左下はDVD(発売アスミック・エース、販売・松竹。3990円) (c)2013「舟を編む」製作委員会

アカデミー外国語賞への出品作品は、米映画芸術科学アカデミーから映連が、日本映画1本を選考し出品する依頼を受け、その規約に沿って外部委員()による選考会を行い、作品を決定している。選考作品は、映画配給会社などが応募。

「提出には英語字幕が必要。公開期間も定められています。映連加盟かどうかは関係なく、平等な形で告知します」(映連)

今年の選考委員は7人。映画評論家の品田雄吉氏、脚本家の石森史郎氏、映画祭ディレクターの大竹洋子氏、映画プロデューサーの角谷優氏、映画ジャーナリストの野島孝一氏、撮影監督の高間賢治氏、映画監督の平山秀幸氏が名を連ねる。
エンタメ!連載記事一覧