特に親が時間に追われている共働き世帯であれば、自主性を育むことは必須条件だ。さて、そこで何をすればいいのか。まずは子どもの好きなものを見つけてあげること、と吉本さんは言う。「すべての答えは子どもの中にあります。子どもをよく観察し、何に興味を持っているのかを探ります。自然に触れさせたり、家のお手伝いをさせたりなど、日常生活の中でできる範囲で構いません。好きなものに関することであれば、どんどん体験をさせましょう」

たとえば平日に洗濯物をたたむのは子どもの役割と決め、任せてしまう。そうすると早く、きれいにたためる方法を考え、工夫をするようになる。あるいは週末一緒に買い物に行き、野菜の産地を確認して調べたり、家族の人数分必要な分量を考えさせたりする。通話料金、電気代などの請求書をチェックさせることで前月分との比較やkW(キロワット)などの単位も学べる。子どもと接する時間が短くなりがちな共働き家庭は是非やっておくべきだ。

こういったことを早いうちからやっていくことによって、国語や理科、社会の学力は身に付くし、算数で必要な感覚も磨くことができる。その結果、本格的な受験モードに入ったときにスムーズに塾生活のスタートを切り、「受験の波」に乗れる。

また、子どものスケジュールは親の都合ではなく、子どもを中心に組んでいく。わが子は食後に眠くなってしまうタイプなのか、食べなければ集中できないタイプなのかなどを見極めて予定を組み、想定どおりにいかないときは改善策を考える。「親子の接触する時間が限られているだけに、働いているお母さんのほうが、専業ママよりも子どもの観察力に優れているし、時間の使い方が上手なことが多い。子どもが自主的に動けないときは親にとって都合のよいスケジュールにはめ込んでしまっていることが多いので見直してください」(吉本さん)

知ることの楽しさ、自分らしく考えられる学び方、そのための段取り力は中学受験に有利なだけではなく、大人になったときに必ず役に立つものだ。すでに子どもが小学生であっても遅いということはないので、すぐに取り組みたい。

どの時期に学力が伸びるかは個人差が大きい。早熟タイプであれば中学受験が向いているし、後伸びタイプだったら高校受験、大学受験が向いている。わが子がどちらのタイプなのかを含め、子どものよいところをしっかり見るように心がけてほしい。

次回は、塾の決め方から受験校選びまで、共働き世帯で中学受験をする際の実践的なアドバイスを紹介する。

(ライター 平岡弘子、構成・日経DUAL編集部)

次回は9月12日に更新します。

共働き家庭の中学受験経験者、予定者のコメントを募集しています。苦労したこと、乗り越えた方法、中学受験についての考えなどをお聞かせください。コメントはこちらの投稿フォームからお寄せください。
読者からのコメント
ヒロ君 50代男性 神奈川県(子どもは高校1年生の女子)
我が家では、長女→公立中(推薦)~付属高校~大学と全く受験勉強せずに大学まで進学し、ゆとり世代だったので現在苦労しています。それに比して次女は小3から塾通いをして私立中高一貫校へ進学して現在高1です。4年離れているので、周りの状況が様変わりしたのが中学受験のキッカケですね。受験して良かったと思います。6・3・3と6・6では、雲泥の差を感じます。私学も学校を選べば、公立+塾より安上がりになりますから。
40代男性 東京都(子どもは中学2年生の男子)
夫婦ともフルタイムで働いている場合、どちらかだけが受験をやるというのは不可能。勉強は塾や家庭教師に見てもらうことができても、付き添いや出願、面接などは家庭でやることだから。専業家庭以上に夫婦&子どもでのコミュニケーションが必要だ。我が家の場合は2月の本番シーズンは妻と手分けして、自分は3日間、妻は3日間休暇を取得した。仕事のやりくり、出張日程の調整など社内の調整も大変だったが、部長が中学受験経験者だったので理解があって救われた。2月1日、2日と落ちたときはどうなるかと思った。4日に合格が決まったので、5日は家族でのんびりできたが、休暇が終わる6日以降にもつれ込んでいたらと思うとぞっとする。中学受験や学校のついての知識も、どちらかだけではなく夫婦ともに身につけていくべき。4年生から夫婦と子どもで学校説明会を見に行ったのは良かった。
30代女性 神奈川県(子どもは小学4年生の女子)
娘の希望で小学校3年生からS塾に入塾しました。成績は予想外に順調ですが、毎月のクラス分けテストに一喜一憂して情緒不安定になっている状況です。母親は教材の丸つけに教材整理や3ヶ月に一度の保護者会、志望予定の学校の説明会参加など働く母にとっては、タスクが多く消化することが予想以上に大変です。精神的にナイーブなタイプはさらにモチベーションコントロールも必要になってきます。それでも我が子の望みを少しでもサポートしたいと思うとやりくりするしかないんですよね。みなさんどう乗りきったのかリアルな声を聞いてみたいです。
注目記事