1日数百円で済むことも…海外でスマホを安く使う

海外でもメールやインターネットを楽しみたい人のために、スマートフォンのデータ通信を安く使う方法を紹介します。その一つは、通信会社が提供するパケット割引サービスを使うこと。もう一つは、海外向けのモバイルルーターをレンタルして旅行に持っていくことです。なお、ここでは触れませんが、通話に関しては別途料金がかかるので話しすぎには注意が必要です。旅行中も日本との通話を重視するなら、「Skype(スカイプ)」などのIP電話アプリを使うことで、電話代を抑制できます。

NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイルといった主要な通信会社には、海外でのデータ通信が上限料金で使い放題になるパケット割引サービスがある。海外に着いたら、現地で利用できる複数の通信会社の中から決められた接続先(通信会社)を選択する必要があるが、NTTドコモは全接続先に対応していく予定だ。主要3社の料金はいずれも、最大で1日当たり2980円。安くはないが、昔のように合計で何十万円という請求は来ないので安心だ。

これに対し、最近増えているお得なサービスが、各国向けに用意されているモバイルルーターのレンタル。日本で借りて、海外で利用できる。安価なサービスでは1日につき600円台からと非常に割安だ(業者や地域による)。しかも、旅行に同行する家族や友人と1台のモバイルルーターを共用できるので、うまく使うとコストは相当に抑えられる。

パケ割は1980円が目安、期間限定で980円も

前述のように、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルの海外旅行者向けパケット割引サービスの料金は基本的には横並びだ。利用するスマートフォンがAndroid(アンドロイド)端末でもiPhoneでも料金は変わらない。料金は2段階に設定されていて、利用が少ないと1日当たり1980円に収まる(表1)。ドコモとauの利用者は送受信データ量が20万パケットを、ソフトバンクモバイルの利用者は25Mバイトを超えると1日2980円になる。

表1 国内の主要通信会社による海外パケット割引サービス

なお、NTTドコモはロンドン五輪の開催に合わせ、英国での上限金額を1日980円にしている。対象期間は2012年7月1日~8月31日である。

図1 海外で定額利用する設定手順

海外パケット割引サービスの利用時に注意したいのが、1日の区切りが日本時間に設定されていることだ。到着してすぐに設定すると、1時間しか使わずに1日分になるケースもある。

事前申し込みは必要ない

海外パケット割引サービスは、事前に申し込みをすることなく、利用できる[注1]。ただし、海外に到着してから接続する通信会社を選ばなければならない。その際、うっかり割引適用外の通信会社を選んでしまうと、余分な料金が発生してしまう。このため、出発前に日本で設定手順を調べておかないと、海外で困ってしまう。ここではiPhoneを例に説明する(図1)。

[注1]海外パケット割引サービスが自動適用されるのは、特定の条件を満たすスマートフォン利用者。NTTドコモとauの利用者は国内向けのパケット定額サービス、ソフトバンクモバイルの利用者は「S!ベーシックパック」(MMSとWebの利用)の利用契約を結んでいることが条件。適用条件には例外ケースもあるので、気になる人は各社のWebサイトなどで確認してほしい。
MONO TRENDY連載記事一覧