男性も注意 症状別手荒れケアのポイントと予防法日経ヘルス

冬はかさつきやひび割れなど、手荒れに悩まされる季節。家でできる手荒れの予防と対処法を紹介する本シリーズ。今回は症状段階別のケア法やタイプ別ハンドクリームの選び方や使い方をアドバイスします。男性も必読です。

手荒れが起きてしまったら、早めの対処が肝心です。ただ、ひと口に手荒れといっても、進行レベルによって、症状はさまざま。その対処法も異なります。

「手のひらのかさつきが気になり出したら、それは手荒れの初期症状。たっぷりハンドクリームを塗って一晩寝るだけで、かなり改善します。そこで何もせずに放っておくと、角層がガサガサになり、いわゆる手荒れの状態に。そして、ひび・あかぎれへと症状が進みます。ひどい湿疹やただれが見られたら、ステロイド剤などを使った適切な治療が必要。皮膚科を受診しましょう」と、野村皮膚科医院の野村有子院長。

~手荒れは初期から最重症期まで5段階に分けられる~

[ケア法] ハンドクリームをたっぷり取り、手指によく塗り込んでから寝る。一晩でかなり良くなる。冬場だけでなく、一年を通してケアしていれば手荒れも起こさなくなる。

[ケア法] 手を洗ったあとは、水分をよく拭き取ってからハンドクリームを塗る。これ以上、手荒れがひどくならないように、こまめにハンドクリームを塗ってケアする習慣をつける。

[ケア法] 水仕事のときはゴムまたはビニール製の手袋をはめる。就寝時には、ハンドクリームをたっぷり塗ったら、保湿効果を高める綿手袋を。きちんとケアすれば改善の兆しが。

[ケア法] 素手での作業は禁止。常に綿手袋をして、日常生活のいろいろな刺激から手を保護する。水仕事のときも綿手袋に重ねてゴムかビニール製の手袋をすること。

5つの分類は野村院長とユースキン製薬の共同研究による。(写真提供:野村院長)

[ケア法] 自宅でのケアは無理。皮膚科で適切な治療が必要。一般的には、保湿剤とステロイド剤が処方される。ステロイド剤は炎症の治療に用いるが、用法を守れば副作用の心配はない。