「黒子のバスケ」 アニメ第2期放送で続く快進撃日経エンタテインメント!

バスケットボール(バスケ)に青春をささげ躍動する男子高校生たちを描いた「黒子のバスケ」(「週刊少年ジャンプ」で連載中)。2012年春、テレビアニメ第1期が放送され人気に火がつくと原作マンガの累計発行部数は2300万部を超えるメガヒットに。アニメのパッケージも30万枚超と破格の売り上げを記録し、その勢いは留まることを知らない。そして2013年秋、待望のアニメ第2期がスタート。なぜ、これほどまでに人気が加速しているのか。

帝光中学バスケ部で全中3連覇を果たした「キセキの世代」。その幻の6人目(シックスマン)・黒子テツヤが、誠凛高校バスケ部で火神大我と出会い、打倒「キセキの世代」を胸にバスケの日本一を目指す──。

王道のスポーツマンガとして2008年に産声をあげた「黒子のバスケ」。2012年にテレビアニメ化されると、手に汗握る躍動感あふれるバスケシーンと、チームメイトの1人ひとり、全員魅力的なキャラクターたちが織り成す人間ドラマに注目が集まり、瞬く間に時代を代表する人気作への階段を駆け上った。

2013年10月から始まったアニメ第2期では、新たなキャラクターも加わり、ウインターカップの熱戦を中心に描かれている。

アニメで監督を務める多田俊介氏は、原作を読んだ瞬間に作品の持つ強さを感じていたといい、第1期制作時をこう振り返る。

「学生スポーツの持つ“試合を勝ち上がっていく”カタルシス。そして、主人公の黒子や『キセキの世代』との因縁やドラマなど、試合以外の要素が初期からありました。これが両立している作品は、ありそうで多くない」(多田監督)

(c)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会
エンタメ!連載記事一覧