マネー研究所

マネー女子力

マイホームの買いどきっていつ? 深田晶恵の目指せ! マネー美人

2012/4/27

最近、結婚とほぼ同時にマンションを買うカップルが増えていますよね~。シングル女性も含めて、30歳前後と早い時期にマイホーム購入に踏み切る人が急増中。数年前までは40歳前後で買う人が多数派だったのに、取得が早まったのはなぜでしょう?

(イラスト:小迎裕美子)

一番の要因は、銀行が頭金ゼロでも住宅ローンを貸すようになったから。多くの人は「家賃を払うのはもったいない。家賃代わりにローン返済したほうがいい」と考えます。以前は頭金がないとローンが組めなかったので、30歳前後で買える人はごく少数だったのです。

購入を迷っている人からは、「ローン金利が低いうちに買ったほうがいいのかな、消費税アップも気になるし…。深田さん、マイホームの買いどきっていつ?」と、最近よく聞かれます。

そんなとき「ライフスタイルの見通しが立ったときが買いどき」とアドバイスしています。下の子が産まれ、上の子が小学校に上がる前あたりがいいタイミング。家族の人数が決まると、必要な広さや間取りを想像でき、物件が選びやすくなるのです。

それに夫婦だけで暮らすのに向いている地域と、子どもがいる家族が暮らしやすい地域は同じではありません。まずは、子どもを持ったら住んでみたいと思う地域に賃貸で数年住んでみて、保育園の入園状況や子育てにいい環境なのかどうかなどをチェックしましょう。お試し期間に頭金をできるだけ多く貯め、ローンの借入額を減らしておく。そうすると、支払利息を減らすことができます。ローンは「少なく借りて、短い期間で返す」のが鉄則です。

私の友人は、ずっと子どもが欲しかったけれど結果的に授からなかった。45歳になり、夫婦二人で暮らす3500万円のマンションを買いました。コツコツ貯蓄していたので、頭金は2500万円も用意でき、ローンはわずか1000万円。15年返済にすると60歳でローンが終わるので、繰り上げ返済を頑張らなくてもいいですし、毎月返済額は6万円程度なので「12万円の家賃払っているときより、もっとお金が貯まるようになっちゃった!」ですって。「子ども2人を想定して広い物件を買わなくて良かった」とも言っていました。

シングルの人はより慎重に

シングル女性の場合、購入のきっかけは「結婚しないかもしれないから、マンションを買おうかなぁ」と思ったとき。でも、シングルの人もあまり早い時期に買わないほうがいいというのが私のアドバイス。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL