世代を超えた人気 エヴァンゲリオン現象の不思議日経エンタテインメント!

1995年に放映されたテレビ版から17年、新劇場版「破」の公開からは3年がたった。沈黙を破り、2012年11月17日から「エヴァンゲリオン」の新作「Q」が公開された。今や幅広い世代に支持される国民的作品となった同作にまつわる多様な現象と、“エヴァ”の人気の秘密を探った。
2012年11月17日に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(総監督・脚本/庵野秀明、総作画監督/本田雄)のポスター。「Q」は、「序」「破」に続く3作目。公開前日には、日本テレビ系列で前作の「破」とともに、「Q」の冒頭6分38秒 TV版」が放映された。  (C)カラー

今から17年前、テレビアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」(テレビ東京系列)が放映された。舞台は2015年の日本。主人公の碇シンジは、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」に搭乗して、正体不明の敵「使徒」と戦う。

謎が謎を呼ぶ展開、斬新な演出法が話題を呼び、ビデオソフトは200万本以上、劇場版2作で興行収入45億円、関連グッズが飛ぶように売れ、従来のアニメ好き以外も夢中になる大ブームとなった。

現在は「新劇場版」シリーズを制作中で、2012年11月17日には待望の3作目、「Q」が公開された。2007年に公開された新劇場版シリーズの1作目「序」は、興収20億円、ブルーレイ・DVDの売り上げは50万枚以上。続く2009年の2作目「破」は興収40億円、300万人を動員、パッケージは100万枚のセールスを記録した。

「破」公開時における、マンガやゲーム、グッズなどの市場規模は推定1500億円超。同作がここまで支持される理由は、どこにあるのだろうか。

斬新な設定と演出で引き付ける

「エヴァンゲリヲン 新劇場版」の主な登場人物 (C)カラー

1995年放送のテレビアニメ版が支持された理由の一つは、それまでのアニメには無い斬新さだった。勧善懲悪的な物語とは一線を画し、内向的な主人公、魅力的なキャラクター、「逃げちゃダメだ」などの名セリフの数々…。人体的な動きやカラーリングが特徴の「エヴァンゲリオン」という機体、黒の背景に白文字明朝体がL型に配置される演出などが口コミで伝わり、若者を中心に全国的に人気が拡大した

そして、長年のファンに朗報が訪れたのは2006年だった。10年の沈黙を破り、旧作をベースに“リビルド”する「新劇場版:序」の制作が発表された。

シリーズ第2作の「破」から3年ぶりとなった「Q」は、予告編がニコニコ動画で公開された2012年10月18日、1夜で20万回の再生を突破し期待値の高さをうかがわせた。

この17年という長い期間、「エヴァ」はファンを離さず、テレビ版を知らない20代、アニメに親和性の薄い50代や60代をも巻き込み、規模を拡大し続けている。

2007年公開の「序」で約10年のブランク、2009年の「破」では2年というブランクがありつつも成功を収めた。そんな“終わらない”「エヴァ」はどのようにして可能になっているのか?

エンタメ!連載記事一覧