信長に秀吉…戦う男の癒やし 戦国武将は茶の湯に夢中

約450年前、厳しい下克上の戦国時代に、茶の湯は武士の間で大流行した。何が、彼らを引きつけたのか。また、2大天下人、織田信長と豊臣秀吉は、茶の湯とどのように付き合ったのか、その歴史に注目する。

「高校の歴史の教科書で、茶の湯に触れているのは、たった数行。村田珠光(むらたじゅこう)が侘(わ)び茶を始めて、武野紹鴎(たけのじょうおう)が発展させ、千利休(せんのりきゅう)が大成させたという文章だけです。しかし、茶の湯は安土桃山時代で一番重要な文化。戦国時代を理解するためには茶の湯を理解する必要があります」と言うのは、文教大学教授の中村修也さん。

中国から茶がもたらされたのは平安時代。鎌倉時代には茶が禅と結びつき、武士の間で、喫茶の習慣が流行し始めた。室町時代には、中国から入る「唐物(からもの)」を座敷飾りや茶道具に用いるようになり、「茶の湯」の形が出来上がる。

室町時代後期以降、それまで将軍や守護大名など一部の上流階級のものだった「唐物荘厳」の茶の湯に対し、山口(山口県)などで草庵の茶の湯が流行、茶の湯のあり方もバラエティーを見せ始めた。一方、堺(大阪府)などの富裕な商人は、売りに出された東山殿御物(ひがしやまどのごもつ。足利義政によって収集された茶道具など)を入手し、町衆の世界に「唐物名物」の世界を現出させた。その代表的存在が武野紹鴎。利休が茶人として立つ安土桃山時代には、茶の湯は、武将はもちろん町衆にも及んで、爆発的に流行した文化となった。

戦場に身を置く武将がまともな精神を保つための手段

なぜ、茶の湯は戦国武将に愛されたのだろうか。それには戦国時代という時代の特性を考える必要があると、中村さんは言う。

「戦国時代は、人と人とが殺し合うのが日常です。応仁の乱以降、100年以上も続いた戦乱の時代、武将たちは、来る日も来る日も人を殺し、死体が転がり、死臭が漂う殺伐(さつばつ)とした戦場に身を置いている。彼らが、気が狂わないでいられたのは、何か癒やしがあったからだと考えざるを得ない。それが茶の湯だったのです。茶葉を碾(ひ)き、湯を沸かし、茶を点たてて静かに喫する行為は禅にも通じる、平常心を取り戻す手段でした」(中村さん)

戦場という極端な非日常から、家族と暮らす日常に戻る。そのときにいったん身を置き、心を整えるために不可欠だった一つの「変換装置」。それが「茶室」だった。

「茶室が空間として独立してくるのも、癒やしの特殊性を際立たせるためのものだったと思います」(中村さん)

注目記事
次のページ
信長と秀吉の登場により、茶の湯が政治と結びつく
今こそ始める学び特集