あなたは寒い人? 東洋医学で体質見極め、不調解消

東洋医学は「証」を立てるところから始まる。個人の体質=「証」を見極めることを重視するのが、東洋医学の特徴なのだ。ここでは最も基本的な分析方法の一つ、「熱証」&「寒証」から自分の体質を探ってみよう。
「熱証」と「寒証」は東洋医学で最も基本的なタイプ分け(イラスト:伊野孝行)

「中医師は患者の不調や全身の状態などから体質=“証”を見極め、初めて治療方法を決定するのです」と、東京大学大学院医学系研究科特任助教の喩静(Yu Jing)さん。

東洋医学では証を立てる方法がいくつかあるが、最初に明らかにすべきなのが「熱証」と「寒証」という最も基本的なタイプだ。

「熱証は汗っかきで顔が赤く、ほてりが強い人。反対に寒証は局所が冷えていて顔色が悪く、温かいものを飲みたがる」と、東洋医学初心者にも体質が見極めやすい。

さらに2つの体質は、それぞれ「実証」と「虚証」とに分けられる。体に必要な“気(き)・血(けつ)・水(すい)”が不足しているのが虚証。病気の原因となる“邪気”の強い影響を受け、気・血・水の巡りが悪い状態が実証だ。「虚証の人は病気への抵抗力が弱く、元気がないのが特徴。反対に、実証は一見、体力はあるが、ほてりや充血などが起こりやすい」。

ほてり、寒がりから病気へつながることがあると考える。どちらでもない「正常」の状態を目指して、日常から飲食物を選択することが大切だ。

まずはここから「あなたは熱い人? 寒い人?」

【 熱証 】 顔が赤くて汗っかきのほてりタイプ
代謝が活発過ぎるタイプ。汗の量が多くて顔が赤く、いつも口が渇いているので冷たい飲み物が大好き。手足などの局所がほてったり、目の充血が起こったりしやすい。特に、気温の高い春夏になると、下のような特徴が強く出現する。長期間ストレスを受けることで気の巡りが悪くなり、熱証となることも。
→ 熱証はこんな人
□ 汗をよくかく
□ 口が渇きやすい
□ 赤ら顔
□ 手足がほてりやすい
□ 体臭が強い
→ 熱証の人をさらに分けると
「実証」(体力のある人)
体内に熱が停滞している状態の人が多い。興奮しやすくて落ち着きがなく、せっかち。胸の灼熱感や急な頭痛、発熱、喉の痛みなども起こりやすい。
「虚証」(体力のない人)
体が弱り、熱を冷ます力が足りなくなることから熱感が増大する。のぼせや寝汗はその現れ。女性の更年期ののぼせ症状がある人は、このタイプが多い。

【 対処法 】 熱証の人は、熱を冷ますべき
辛いものやアルコールなどの刺激物は控えめに。夏は、体をクールダウンさせる旬の野菜や緑茶などを積極的に取ろう。
【 寒証 】 顔色が悪く手足が冷たい寒がりタイプ
生理機能が低下しているタイプ。顔が青白く、手足など局所が冷える。温かい飲み物を好む。トイレが近く、排泄物の色は薄くて臭いも少ない。下痢を起こしやすい。秋冬が苦手で、寒くなると関節が痛むなどの症状があり、温めると楽になる。男性より女性のほうが多く、年を取ると寒証に移行しがち。
→ 寒証はこんな人
□ 顔色が白い
□ 温かい飲み物が好き
□ 手足がいつも冷えている
□ 頻尿で下痢を起こすことが多い
□ 冷えることで痛む(関節痛など)症状がある
→ 寒証の人をさらに分けると
「実証」(体力のある人)
体に熱を保つ力は持っているが、冷たい食べ物、飲み物を過剰に取ることで体内に冷えがたまった状態。あまり汗をかかない人、薄着を好む若者に多い。
「虚証」(体力のない人)
体を温める“気”の不足により体の芯から冷えている状態。極度の寒がりがこのタイプ。声が小さくて元気がなく、疲れやすい。中高年や重病を患う人に多い。

【 対処法 】 寒証の人は、体を温めるべき
夏でも冷たい飲み物は避けたほうがいい。ショウガやシナモンなど、体を温める香辛料などを積極的に取ろう。

【 正常 】 どちらでもない人が理想

理想的なのは、熱証でも寒証でもない状態。熱も寒も過剰にならず、バランスが取れている状態だ。気・血・水の巡りが良く、その量も過不足ない状態がベスト。