低価格機は印刷コストや耐久年数に注意

コストに関しては、まず1枚当たりの印刷コストをチェックしよう。安価な低速モデルは高価な高速モデルより1枚当たりのコストが割高の傾向がある(図5)。

図5 ページプリンターの印刷速度とランニングコストの関係。価格の高い高速なプリンターほど、1枚当たりのランニングコストは安めの傾向がある(セイコーエプソンの例)。印刷枚数が多いのに低価格モデルを選ぶと、トータルでは割高になることもある

また、耐久性も重要。最近の低価格機には、合計3万枚程度の印刷にしか耐えられず、しかもドラムなどが交換できない使い切りの製品がある。このような製品は、5年間使うとして月に数千枚程度の用途まで。それより印刷枚数が多いようなら、ドラムなどの消耗部品を交換しながら10万~数十万枚の印刷に耐える中上位機を選ぼう。

伝票印刷やPOP印刷など特殊用途に使うなら、用紙対応力を確認。各社とも用紙メーカーや印刷会社などと協力して強化に努めている。リコーは、目的の特殊用紙が使えるかどうかを事前に検証してくれるセンターを立ち上げている。そのほか、サポート対応も要チェック。OKIデータは「COREFIDO」シリーズに、5年間無償保証を付けている。

ランニングコストを抑える仕組みもさまざまなものがある。トナーや用紙の節約につながるのが「割付印刷」や「両面印刷」だ。これを簡単に設定できるように、リコーはドライバーの設定画面を工夫(図6)。エプソンは、Officeソフトのメニューに印刷用のボタンを追加するアドインソフトを提供している(図7)。

[上]図6 リコーの「IPSiO SG 3100」などは、ドライバーの設定画面で割付印刷(集約)や両面印刷などを簡単に選択できる [下]図7 セイコーエプソンの「かんたん設定 for Office」は、WordやExcelのメニューに印刷設定用のボタンを追加するアドイン。カラー/モノクロの切り替えや割付印刷などが容易になる
次のページ
コスト抑制機能を活用
MONO TRENDY連載記事一覧