一方、女子アイドル個々人についてタレントパワースコアを見ると、こちらはAKB48のメンバーが上位を独占している。AKB48は音楽のほか、ドラマ、CM、グラビア、イベントなどの分野で個人活動を行うメンバーが多いことから、個々の名前の浸透度では、他のグループを圧倒している。ももクロは、リーダーの百田夏菜子が、島崎遥香と並んで12位というのが最高だった。

「個人戦」はAKB48の圧勝

個人部門でトップとなったのは、大島優子。前回の選抜総選挙で1位、2012年秋からはチームKのキャプテンを務めるなど、前田が抜けた後のAKB48の“顔”としてグループを引っ張る存在だ。

2012年の総選挙でトップ3に入った渡辺麻友柏木由紀を抑え、2位には篠田麻里子が入った。彼女は、雑誌やファッション関係のCM出演が多いため、女性層の支持が高いのが特徴。“参考記録”だが、3位には2012年にグループを卒業した前田敦子が続いている。

2012年と比較可能なメンバーのなかでは、渡辺麻友や松井珠理奈横山由依などがポイントを伸ばしている。いずれも次世代の中心となることを期待されているメンバーで、世代交代に向けての準備は少しずつ進んでいるようだ。

(*前田敦子は既に卒業済みだが、参考値としてランキングに入れた。図中の写真:辺見真也)

(ライター つのはず誠)

[日経エンタテインメント! 2013年6月号の記事を基に再構成]

エンタメ!連載記事一覧