フード・レストラン

おでかけナビ

USJハリー・ポッターエリア、並ばないで入るには…

2014/8/14

日経トレンディネット

2014年7月15日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に、人気映画シリーズ『ハリー・ポッター』の世界を再現した新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が開業する。米フロリダ州のユニバーサル・オーランド・リゾート内に2010年7月にオープンして以来、世界で2番目、アジアでは初となる。

米オーランドでは、今でもアトラクションに数時間待ちの行列ができるほどの人気ぶりのハリー・ポッターエリア。2014年7月8日にはエリアを拡張し、「ダイアゴン横丁」という名の新たな町並みと施設が登場し、人気に拍車がかかっているという。

ハリー・ポッターの世界を再現した新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」でシンボル的存在のホグワーツ城。黒い湖に映り込むホグワーツ城を見られるのはUSJだけ

総工費約450億円をかけ、東京ドーム約3つ分の敷地に出現したUSJのハリー・ポッターエリアは、映画のメーン舞台となったホグワーツ魔法魔術学校のある「ホグワーツ城」と、魔法使いの住む村「ホグズミード村」などで構成。エリア内には2つのライドアトラクションと8つのショップ、2つのレストランがある。各施設の内容や設計、配置はオーランドの既存エリアとほぼ同じだが、日本にしかないショップやサービス、新技術も導入されている。

一番の見どころは、ハリー・ポッターの物語に描かれた世界観を忠実に再現していること。映画に登場する町並みやお城などを圧倒的なスケールとリアル感で表現。エリアに一歩足を踏み入れると、ハリー・ポッターの世界に迷い込んだ気分を楽しめ、実際に買い物をしたり、飲食したり、空を飛んだりと、映画の主人公のような体験ができる。

映画の世界を再現した、魔法使いの村「ホグズミード村」。物語に登場する店が軒を連ねる町並みは、ハリー・ポッターの世界観そのもの
ホグズミード村のショップでは物語に登場する蛙(かえる)チョコレートなどの菓子や魔法の杖(つえ)、魔法グッズを購入できる

主人公らがホグワーツ魔法魔術学校に向かうときに乗っていた「ホグワーツ特急」と駅。ここでは日本だけの体験も
ブタワシが待ち構えるホグワーツ城の重厚な門。ここをくぐると魔法学校のある城内へと入れる

フード・レストラン 新着記事

ALL CHANNEL