「寝る子は育つ」は本当 大人より活発な赤ちゃんの脳働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

皆さんはよく眠れていますか? 人間は、人生の約3分の1を眠って過ごします。寿命を80歳とすれば、約27年も眠るのです。こんな膨大な時間を費やして、カラダは何をやっているのでしょう。もちろん、大切な仕事があるのです。
(イラスト:江田ななえ)

「惰眠を貪る」という言葉があるように、一般に眠りは、生産的な営みとは思われていない。でも、この連載の愛読者ならお分かりと思うが、こういう一見ムダに見えるときこそ、カラダは生命活動を支える重大なことをやっているものだ。

では、眠りにはどんな働きがあるのだろう? 東京医科歯科大学名誉教授の井上昌次郎さんにじっくり聞いてみよう。

眠りの最初はメンテナンス、終盤は目覚めの準備をする

「眠りを必要としているのは、大脳です」。井上さんはこう話し始めた。大脳は、人間の知的活動を支える中枢。生き物の進化でいうと、ほ乳類や鳥類の繁栄とともに発達した「新しい脳」で、ヒトにおいて特に発達している。私たちがものを考えたり言葉を話したりできるのは、高性能の大脳のおかげだ。

睡眠は、酷使されて傷んだ大脳を修復し、よりよく活動させるのが目的。大脳に眠り指令を出す脳幹は、起源の古い脳で、私たちの意識が及ばないところで黙々と働いている。「眠い」と感じたら、それが脳幹からのサインだ

だが大脳には、弱点もある。連続運転に弱いのだ。「ずっと働いているとオーバーヒート状態になり、誤作動が増えます」。確かに、寝不足のときはミスをしやすい。だから睡眠という「メンテナンス」が必要になる。

そのメンテナンスを管理するのが、脳幹。脳の奥の方にある、より「古い脳」だ。脳幹の指令によって、大脳は眠りにつく。「大脳を『眠る脳』とすると、脳幹は『眠らせる脳』といえます」

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント