プログラミングで子供教育、火つけ役は米名門大学

目を輝かせながら展示を見て歩く子供たち。パソコンの前にも子供たちが陣取り、真剣な表情でマウスを操作し、キーボードをたたく──。

図1 2013年5月に開催された「Scratch Day 2013 in Tokyo」の様子。プログラミングを学べるワークショップや、Scratchで開発されたプログラムの展示などが行われ、約600人の親子が詰めかけた

これは、子供向けのプログラミングツール「Scratch」に関するイベントの光景だ(図1)。

イベントの盛況ぶりが物語るように、今、プログラミングを楽しむ子供たちが増えている。NPO法人や有志などによるイベント・講座(ワークショップ)が各地で開催され、いずれも多くの参加者を集める。中には数万円の参加費が必要なワークショップもあるが、「数十人の定員がすぐに埋まった」(Scratchの日本語化などを担当する、青山学院大学・津田塾大学 非常勤講師 阿部和広氏)ほどの人気だという。

小学校低学年の子供も使える

こうした状況の背景には、子供向けのプログラミングツールが充実してきたことがある。その代表格といえるのが、前出のScratch。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したもので、無料で利用できる。

Scratchの特徴は、動きや条件などを表す「ブロック」の組み合わせで、手軽にプログラミングができること(図2)。プログラミングといっても、英単語を並べた命令文(コード)を一から記述するわけではない。動きなどを指定するブロックを並べて、動きの大きさや時間などを数値で指定することで、一連の動作を組み立てられる。ブロックには分かりやすい説明が書かれており、小学校低学年の子供でも直感的に操作できる。

図2 Webブラウザー上でプログラミングできるScratch 2.0(http://scratch.mit.edu/)。動きや条件などを示す「ブロック」を並べていくことで、キャラクターを動かすプログラムなどを簡単に作れる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
身ぶりでプログラムを操作
MONO TRENDY連載記事一覧