40代からはじめる「たるみ」「しわ」を防ぐ食事術日経ヘルス プルミエ

顔や体のしわやたるみを引き起こす「肥満」や糖化。40代以降にとって、見た目や生活習慣病のリスクに深く関わる。これらの“老化を早める原因”を、抑える食べ方があります。本シリーズでは3回にわたって40代からの「たるみ」「しわ」を防ぐ食事術を解説します。

最初に野菜を食べて老化を防ぐ

パン、野菜サラダ、スクランブルエッグという朝食。あなたはどれを最初に食べますか?

「たるみ」が気になるなら、野菜サラダから食べ始めるのが正解です。野菜を最初に食べる食習慣が、「ベジ・ファースト」。これだけで、肌の弾力を低下させる“糖化”も、脂肪をため込んで肌をたるませる“肥満”も、抑えられることが分かってきました。

【check! 美肌の敵“老化たんぱく質”を増やす食生活になっていませんか?】

□ お菓子、甘いものをよく食べる
□ 清涼飲料水やジュースをよく飲む
□ 野菜や豆類はあまり食べていない
□ 丼物が好きでよく食べる
□ 夜、遅い時間に食べることが多い
□ スナック菓子などの加工食品が好き
チェックの数が多いほど“老化たんぱく質(AGEs)”が増えやすい!

「主食の前に、野菜など糖質の分解や吸収をゆるやかにする食物繊維が豊富な食材を食べると、血糖値の上昇が抑えられます」と話すのは、“糖化”に詳しい金沢医科大学総合医学研究所教授の竹内正義さん。糖化も肥満も、食後血糖値を上げないことが、予防の第一歩です。

 

 「糖化」は、甘い飲み物や食事などでとった余分な糖分が体の中でコラーゲンなどのたんぱく質と結びつき、“老化”させる現象。これにより老化たんぱく質「AGEs」ができ、これが、肌や体の組織の新陳代謝を阻害して、肌のたるみやくすみを招きます。また、骨や血管をもろくする原因にもなります。

また、食後高血糖が続くと、A脂肪ためこみホルモンのインスリンが体内でたくさん分泌されます。高血糖になりやすい40代以降の女性は、特に注意が必要。「ベジ・ファースト」は、ぜひ取り入れたい習慣です。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント