凝りやすい、疲れやすい猫背座りはボールやクッションを置いて改善日経ヘルス編集長 藤井省吾の「健康時評」

夏の休暇を終え、オフィスに復帰したとたんに肩が凝る、疲れると感じている人はいないだろうか?

オフィスワークのときの椅子への座り姿勢が悪いために、肩こりや首の凝りなどで体調が悪くなったり、足がむくんだり、さらには太りやすくなる人がいる。実は、こんな不調の多くは、骨盤を後傾させる座り方に原因があるとわかってきた。

まずは、下の写真の「いい座り方」と「悪い座り方」のどちらに近いかを、確認してほしい。これは、整形外科医でスポーツドクターの中村格子医師がまとめたもの。

(モデル:高野けい子、写真:臼田洋一郎)
 

右がいい座り方だ。このとき、骨盤は“立つ”状態で、首、肩、背筋のラインが縦に1直線になる。ところが、左の悪い座り方のときには、骨盤は“後傾”といって後ろに傾いた状態になる。椅子には背もたれがあるので、後傾状態でも背中は背もたれで支えられる。一見すると、楽そうだが、お腹はつぶれ、お尻は圧迫され、肩に対して首と頭が前側に突き出た格好になる。「骨盤が後傾した座り方は、楽なようで、実は楽でなく、肩や首が凝りやすい姿勢」だと中村医師は説明する。

しかも、太りやすい座り方でもある。日経ヘルス編集部では、代謝を測定する装置で「いい座り方」と「悪い座り方」のときそれぞれで安静時代謝を測定したことがある。すると、前者では1日当たりに直して1800kcal/日、後者は1390kcal/日だった。代謝に差が出た理由は姿勢を維持する抗重力筋の働きの有無にある。いい座り方の時には、腹筋や脊柱起立筋などの抗重力筋が体を縦に支えるが、悪い姿勢のときには、これらの筋肉群はほとんど働かなくなってしまう。

次のページ
女性の猫背座りは椅子が合っていないのが一因、ボール
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント