持ち家多い葛飾・台東・荒川区 寺院は台東区

生活面に目を移してみる。少し古いデータにはなるが、10年の国勢調査を基に、各区の持ち家比率を計算してみた。

トップは葛飾区。実に54.2%にのぼった。台東区、荒川区までが「半分以上が持ち家」となった。持ち家が最も少ない区は新宿区で31.4%。中野・北・豊島はいずれも30%台だった。学生や単身者の数などが影響しており、23区内で持ち家エリアと賃貸エリア、はっきりと色分けできそうだ。

寺院や教会も調べてみた。寺院では台東区が336カ所と圧倒的に多かった。仏教系宗教の事業所数を数えたため正確な寺の数とはいえないが、上野や谷中霊園を抱える区だけあってやはり多い。キリスト教会は世田谷区が頭1つ抜けていた。こちらも事業所数なので正確な数ではない。

台東区は旅館・ホテルの数も突出していた。歴史的に日雇い労働者向けの簡易宿泊所が多いことが反映されている。最近は外国人向けの低価格旅館としても注目されている。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
投票率高い文京区 区役所も高い
エンタメ!連載記事一覧