ロビン・ウィリアムズも登場 オスカー俳優TVに続々海外ドラマはやめられない!~今 祥枝

近年は、映画スターがテレビ(TV)シリーズで主演を張ることも珍しくもありません。例えば2013年は『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(ネットフリックス)にケヴィン・スペイシーが、2014年は『Criminal Justice』(HBO)にロバート・デ・ニーロが出演。また2014年夏放送予定のスティーヴン・スピルバーグによるSF『Extant』(CBS)には、ハル・ベリーが主演する予定です。ネームバリューのあるオスカー俳優の相次ぐテレビシリーズへの出演で、ますます映画とテレビ、そしてインターネットというメディアの枠を超え、ハリウッド映画のように国外のマーケットを視野に入れたドラマ作りが加速しています。

そんななかCBSの今期(2013-2014年)の目玉のひとつで、2013年9月の初回放送では素晴らしい数字をはじきだしたコメディーが『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』。この作品に主演しているのが、『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したロビン・ウィリアムズです。

『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』。オスカー俳優のロビン・ウィリアムズが、広告代理店のオーナー、サイモンを演じる30分のコメディー。娘のシドニー役は『リンガー~2つの顔~』のサラ・ミシェル・ゲラー。華やかな広告業界の裏側をスタッフや各界の有名人などを交えてにぎやかに描きつつ、父娘の絆も描く。共演のジェームズ・ウォーク、ハミッシュ・リンクレイターらとの息の合ったアンサンブルも魅力的だ。製作総指揮・脚本は『アリー my Love』のデヴィッド・E・ケリー。CBSにて2013年9月より放送中。FOXチャンネルにて2月10日(月) 25時放送スタ-ト (c)2013 - 2014 CBS Broadcasting Inc

シカゴの広告業界を舞台にした本作は、広告代理店を経営する敏腕エージェントのサイモン・ロバーツと会社のパートナーである娘シドニーを中心に、様々な騒動が巻き起こる業界内幕ものです。今期の新作も例年通り途中で打ち切りとなる番組が相次いでいますが、本作は安定した視聴者数を維持しています。

ウィリアムズの演技にスターを見る楽しみを満喫

ウィリアムズは『グッドモーニング、ベトナム』『いまを生きる』など、演技派のイメージが強いハリウッドの大物スター。彼のキャリアは、スタンダップ・コメディアンからスタートしました。無名時代の1978年から放送された『Mork & Mindy』に抜てきされてテレビに出演し、知名度を得ました。それから約30年を経て、本格的に地上波のテレビシリーズに主演として戻ってきたわけです。これが期待を裏切らない体当たりの大熱演。思いっきりハジけたウィリアムズは、まさに水を得た魚のようです。