N
マネー研究所
日経マネー 特集セレクト

投資情報をフル活用、スマホで殖やす特選マネーアプリ(1)

2011/11/22

日経マネー 特集セレクト

スマートフォン(スマホ)のユーザー数が増えるにつれて、便利なアプリが次々と登場しています。本連載では、月刊日経マネー編集部が厳選したお得なアプリを紹介します。第1回の今回取り上げるのは、「殖やす」ためのアプリ。証券会社などが提供するアプリを使えば、市況や為替情報などを無料で入手できます。(各アプリの機能紹介は、原則としてアンドロイド版について紹介しています)

証券会社やFX会社のスマホ用取引アプリの機能、ラインアップが充実してきた。口座を持っている顧客向けだけでなく、新規の投資家を獲得する目的でスマホ用アプリを提供する会社が増えている。取引をしなくても株価や為替レート、ニュースといった投資関連の情報が誰でも無料で手に入る。個人投資家の中には複数会社のアプリを組み込み、使い勝手や情報によって使い分けている人もいる。

主要株価指標、為替レート、投資関連ニュース、個別株の株価、チャートなどが基本機能。これらを、口座の有無によって利用できる部分、機能を切り分けている。為替の通貨ペアの種類や、チャートの機能、種類、銘柄情報などは会社によって微妙に異なる。とりあえずは口座無しでも使えるアプリを組み込んで実際に使ってみよう。

なお、国内株式の株価やチャート表示は、口座を持っていないと20分遅れとなるアプリが大半(開設すればリアルタイムとなる)。また、為替レートもアプリによって更新間隔が微妙に異なる。本格的に取引に使う時は要注意だ。

[証券会社アプリ&投資情報アプリ編]

【iSPEED】(楽天証券)

市況、ニュース、為替情報が無料で入手可能

iSPEEDの概要 図中の緑色のマークはアンドロイド対応、黒色はiPhone対応を指す。以下同様

「iSPEED」は楽天証券が無料で配布しているスマホ用の取引ツール。同社の証券口座を持っていなくても、各種の投資情報を無料で手に入れることができる。

まず、市場の概況。日米、中国の主要株価指数に、20ペア以上の最新為替レート、6分野(国内株式、為替/金利、アジア市況、米国市況、欧州市況、債券)の最新ニュース見出しを見ることができる。

日本株個別銘柄の最新情報もチェック可能だ。株価(20分遅れ)、チャート、板情報、売買高といった基本情報のほか、年初来の高安、PER(株価収益率)といった銘柄サマリ-、その銘柄関連のニュースを見ることができる。探した銘柄は100銘柄まで保存しておけて便利。アンドロイド版は声で銘柄名を入力することもできる。

口座を持っていれば、そのまま取引可能。資金余力や保有銘柄一覧、信用建玉一覧などの口座情報も確認できる。ニュース本文や各種銘柄ランキングも閲覧可能となり、株価もリアルタイム表示になる。

為替情報にニュース、市況――。証券口座がなくてもこれだけの情報が手に入る
口座を開設すれば、リアルタイムの株価情報を見ながら、パソコン環境と同等の注文が可能となる。資金余力や保有銘柄一覧、前日比なども確認可能だ
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
次のページ
イベントカレンダーが便利
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし