伝える、聴く、説得 あなたのコミュニケーション力をチェック

「言いたいことを伝えるのは苦手」と感じている人も、「人の話を聴くのは大丈夫」と思い込んでいる人も。「人を説得して動かすのは難しい」という人も自分のコミュニケーション力を再チェックしてみよう。各項目、それぞれ10個の質問、あなたはいくつ当てはまりますか?

コミュニケーション力を阻害するクセをチェック

会社の人や目上の人とのコミュニケーション、どのくらい自信があるだろうか? 言葉を選ぶし、礼儀にも気を使う。親密な友達とカジュアルに話すのとはまるで違うので、苦手意識を持っている人は多いはずだ。

そこで、自分のコミュニケーション能力をズバリ、判定してみよう。具体的なチェック項目を、話し方教室KEE'S代表の野村絵理奈さんに挙げてもらった。当てはまる項目の数が多い人ほど、スムーズなコミュニケーションを妨げる悪いクセを持っていると認識して。

「伝える力」は、論理的に話すスキルをチェック。道筋を立てて物事を話すことができる人なら、当てはまる項目は少ないはず。「聴く力」は、相手の話に心を傾けて聴くスキルをチェックする。「質問して相手の話を引き出すのが上手な人、相手の話に反応できる感受性に富んでいる人は、この能力にたけています」(野村さん)。

最後は「説得する力」をチェック。これは、人を納得させて動かすスキルを問うもの。相手の話を聴いて同調しつつ、自分の答えを伝える作業になる。「自分の考えを押し付けるのではなく、受け入れてもらうのです。最も忍耐力とエネルギーを費やすコミュニケーション力が必要になります」(野村さん)。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧