ユーザー1億人突破の「LINE」責任者 舛田淳氏ヒットメーカー 2012~13(3)日経エンタテインメント!

「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー 2012~13」(「日経エンタテインメント!」編集部主催)の受賞者を紹介するこの連載。3回目は、同賞の中でも、革新的なアイデアでヒットを創出したビジネスパーソンに与えられる「パイオニア賞」に輝いたNHN Japanの舛田淳氏を紹介する。舛田氏は、SNSアプリ「LINE」を爆発的ヒットに導いた事業責任者で、NHN Japanの執行役員。LINEは2011年6月のスタートから、わずか19カ月で1億ユーザーを突破している。その秘密はどこにあったのかを舛田氏に聞いた。
NHN Japan執行役員 LINE事業責任者 舛田淳氏。

様々なソーシャルサービスが乱立する中で、スマートフォンとの相性の良さもあり、2012年に爆発的なスピードでユーザーを獲得した「LINE」。メッセンジャーツールとしてスタートし、無料通話、スタンプ、ソーシャルゲームなど機能を次々と拡張。タレント公式サービスや有料LINEスタンプも好調で、2011年6月のスタートから、わずか19カ月で全世界1億ユーザーを突破した。これはツイッターやフェイスブックをしのぐ早さだ。

そんなLINEに立ち上げ時から携わり、現在、事業責任者を務めるのが執行役員の舛田淳氏。大学時代からコンテンツプランナーとしてテレビ・ラジオ・イベントなどに加え、インターネット黎明(れいめい)期にネットサービスのプランニングや運営などを経験。その後、ネット業界を離れた時期もあったが、外資系の検索サービスの立ち上げなどを経て、NHN Japanの森川亮社長に誘われて当時のNAVER Japanに入社した。現在はNAVER、livedoor、LINEの戦略とマーケティングの責任者として活躍している。

――舛田さんは、会社内ではどのような役割を担っているのですか?

舛田 社内のエンジニアや企画者、デザイナーが出してきたアイデアを、消費者や市場に近い視点から、どのようにサービスや機能を組み合わせると価値あるものとしてユーザーへ届けられるかを考えています。いわばストーリーテリングのような仕事です。

もともと、技術畑出身ではなく、事業開発やコンセプトメイキング、コミュニケーションプランニングを得意にしていて、社内的には軍師的な存在と言われています。プログラミングをすることとデザインをすること以外はすべて自分の対応領域ですので、万屋(よろずや)とも言われていますが(笑)。インターネット業界では私のようなプランナーやプロデューサー的な立場の人間は珍しいかもしれません。

エンタメ!連載記事一覧