ヘルスUP

病気・医療

そのくしゃみ、鼻水は風邪?それとも花粉症? 花粉症の疑問を一挙解消(1)

2011/2/19

日本気象協会の発表によれば、2011年のスギ及びヒノキ科花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、九州から東北地方にかけてのほとんどの地域で例年より多いか例年並みとされています。つまり九州から北海道にかけて多くの地域で気温は平年よりかなり高く、日照時間は平年並みか平年より多め、降水量は平年並みか平年より少なかったということです。

ただ、九州南部は日照時間が平年よりかなり少なく降水量はかなり多くなり、宮崎や鹿児島では豪雨による土砂災害が起きたなどの報告もありました。また、北海道は降水量が平年より多くなりました。よって九州南部と東北地方の一部や北海道は例年よりやや少なくなる見込みとされています。

なお、「例年」とは前年までの10年間の平均値としています。ですから「前年比」ではないところにも注意したほうがいいでしょう。民間気象情報会社、ウェザーニュースによれば2010年の飛散量は非常に少なかった傾向があります。となると、「例年」と比べた数値よりも、2010年と比較した体感飛散量の方が多く感じる(つらく感じる)可能性もあるわけです。

地域ごとの飛散量予測は、「ウェザーニュース、2011年の花粉飛散傾向発表」にて確認できます。

Q どこまでが風邪? どこからが「花粉症」?

花粉症とはスギなどの花粉が抗原(アレルギーの原因物質)となって起こるアレルギー疾患の一種で、厚生労働省の調査によると、わが国のスギ花粉症の患者数は人口の約16%にも上ると推定されており、この20年間で急増しています。

花粉症を引き起こす植物は、非常に多岐にわたり、時期も多くの人がかかる春だけではありません。ただ、花粉症を引き起こすもっとも代表的な花粉がスギで、全体の約70%を占めると推察されています。

花粉症の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」。これは花粉症同様に春先に流行しやすい風邪(風邪症候群)でもよくみられる症状です。

風邪は発熱したり、だるくなったりしますが、これは花粉症にも見られる症状もあります。このためこれまで花粉症と診断されてこなかった人の場合、自分が風邪なのか「花粉症になった」のか判断しにくいでしょう。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL