そのくしゃみ、鼻水は風邪?それとも花粉症?花粉症の疑問を一挙解消(1)

いよいよ花粉症シーズンが到来。2011年の花粉の飛散量は昨年の10倍。過去最大だった2005年に匹敵するとも言われています。本連載では花粉症の正しい知識をつけ、どのように対策をとればいいのか、今からでも間に合う「治療」はあるのかどうか、専門家に話を聞きました。

「2011年は昨年の10倍の花粉が飛散する」。こうした報道を見聞きした人も少なくないだろう。実際には地域差があるというが、それでも未曽有の花粉症患者増が見込まれているのも事実だ。

とはいえ、まだ花粉症を発症していない人であればその対策を考えはしないだろうし、すでに発症している人であれば「死にいたる病気ではないから」と治療はせずに市販薬を飲んでやりすごそうという人も多いのではないだろうか。

しかし「花粉症は治せる。もしくはうんと軽くできる」のだという。そのためには花粉症の正しい知識を身に付ける必要がある。少なくとも「専門家に診てもらう」あるいは「対処法を知る」ことはその最低限の条件となる。逆に病院に行かなければ治すことはできないし、ラクに過ごすことさえ難しい。

そこでまずは患者数の多いスギ花粉を中心に花粉症の見極め方、治療の最新情報を日本医科大学教授・医学博士の大久保公裕氏に聞いた。

………………………………………………………………………

Q 本当に2011年のスギ花粉飛散量が10倍なの?

正確には、全国区で10倍というわけではありません。

ただし、四国から九州では2~3倍前後、関東で5倍前後、東海や近畿では10倍前後といわれるなど、例年より多いことは確かです。

花粉症全体の7割をも占めると推測されるスギ花粉は毎年7月はじめごろから作られます。この時期に日照時間が長く、雨が少ないと、花芽がたくさんできて、翌年の花粉飛散数が増加します。ご存じの通り、2010年の夏は記録的な猛暑でした。ただ日照時間には地域差があったため、花粉飛散数にも差があります。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント