MONO TRENDY

デジモノNAVI

コンパクト機とどう違う? 4場面で実写テスト デジタル一眼購入ガイド(1)

2012/4/21

【2】動いている被写体の一瞬を撮り逃さない

ピントをあらかじめ合わせ、モデルに小走り程度のスピードで走ってもらい、目印を通過した瞬間にシャッターボタンを押してシャッターが切れるまでの時間差を比較した。一眼レフは思った通りのタイミングだったのに対し、ミラーレスは若干遅れた。コンパクトだと半歩以上ずれてしまった(モデル:大槻典子)

運動会の徒競走やサッカーの試合など、動いている被写体を撮影する機会もあるだろう。コンパクトカメラは、そうした動いている被写体を撮るのは苦手としておりシャッターチャンスを逃しがち。シャッターボタンを押してからシャッター幕が動作するまでの時間差(レリーズタイムラグ)が大きいためだ。

これに対し思った通りのタイミングでシャッターを切れるのが一眼レフの強みだ。ミラーレスは、一眼レフよりはタイムラグが発生しやすいが、今回試した機材ではそこまでの差はつかなかった。この程度ならカメラに慣れれば、早めにシャッターを切ることで対処できる。

なお、ピント合わせも同時に行う場合はオートフォーカス(AF)のスピードも重要だ。位相差AFを使う一眼レフは高速。コンパクトや、ミラーレスで位相差AFを持たない機種の場合はピント合わせがどうしても若干遅くなる。

【3】背景の大きな建物と手前の被写体を同時に撮影したい

焦点距離(35mm換算)が28mm相当のミラーレスと24mm相当のコンパクトで、屋形船と東京スカイツリーを撮影した。その結果、両機とも東京スカイツリーの上部が切れてしまった。18mm相当の超広角レンズをミラーレスに装着して同じ距離から撮影したところ、2つの被写体を同時に写せた

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL