MONO TRENDY

デジモノNAVI

コンパクト機とどう違う? 4場面で実写テスト デジタル一眼購入ガイド(1)

2012/4/21

なお、ミラーレスや一眼レフの多くは、ボディーに1~2本のレンズを付けた「レンズキット」という形で販売されている。一般に、ボディーとレンズを別々に買うよりレンズキットの方が割安になっている。

以下では、ミラーレスと一眼レフ、コンパクトの違いがどこにあるのか、実機テストの結果を見ていこう。また、本連載の第2~3回では現在購入できるミラーレスと一眼レフの製品を紹介する。

…………………………………………………………………………

ミラーレス、一眼レフの実力をコンパクト機と比較

【1】背景をぼかして被写体を際立たせたい

「一眼レフ」「ミラーレス」「コンパクト」の3つのカテゴリーの製品を用意し、同じ構図で撮影した。一眼レフとミラーレスは背景の橋をぼかすことができたのに対し、コンパクトでは背景が全くぼけなかった。ミラーレスの画像の方がよりぼけているのは、明るいレンズを組み合わせているためだ(モデル:大槻典子)

建物や山といった背景と手前の人物を同時に撮影する“観光地ショット”はコンパクトカメラが得意とするところ。ただ、ごちゃごちゃした背景をぼかして被写体を際立たせる写真はコンパクトカメラだと撮影するのが難しい。そこで一眼レフやミラーレスの出番となる。

余計な背景をぼかし、主役である被写体を際立たせた写真を撮りたいなら、大きい撮像素子のカメラに明るいレンズを組み合わせればよい。今回用意した一眼レフとミラーレスの撮像素子はどちらもAPS-C型でその条件はほぼ同じ。ミラーレスで撮った写真が良くぼけているのは「1.4」と明るいレンズを装着し、絞りを開放気味にしているためだ。

一般に一眼レフのキットに付いてくるズームレンズはF3.5~5.6程度と暗め。被写体から離れてズームで撮影すれば、暗いレンズでもよりぼかすことができる。別売の明るいレンズを装着してもよい。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL