日本橋、謎を呼ぶ「MN」問題 「Niho“m”」か「Niho“n”」か東京ふしぎ探検隊(14)

住所表記、新橋は「m」で日本橋は「n」

「にほんばし」と同じく、「n」のうしろに「b」がくる「しんばし」ではどのような表記になっているのだろうか。現地を訪れてみた。

信号機横の交差点名は「Shinbashi」。日本橋交差点と同じく「n」で書かれていた。JRや地下鉄、ゆりかもめなど駅名はすべて「m」。これも日本橋の駅と同じだ。一方で銀行はみずほ、三井住友は「n」だったが、りそな銀行は「m」、三菱東京UFJ銀行も外貨両替ショップのドアには「Shimbashi」と「m」で書かれていた。ホームページでは「Shinbashi」なのに。

さらに驚いたのが、住所表示板のローマ字表記だ。日本橋では「n」だったのに、新橋は「m」になっていたのだ。なぜだろう? 日本橋は中央区、新橋は港区という行政区の違いだろうか? それぞれの区役所に聞いてみた。

新橋を「Shimbashi」と表記する港区は「住所表記だけではなく、区が作るチラシ類などすべての文書において修正ヘボン式を採用しています」という。一方、日本橋を「Nihonbashi」と表記する中央区の答えは意外だった。「中央区でも原則的にローマ字表記は修正ヘボン式を採用しています」。ではなぜ、日本橋は「Nihombashi」ではなく「Nihonbashi」なのか?

港区の住所表記は「ん」をすべて「m」で書く。中央区では日本橋のみ「n」で書き、小伝馬町などその他はすべて「m」で表記している

「実は、日本橋だけが例外なんです。その証拠に、小伝馬町はKodemmachoと『m』になっています」。中央区では、日本橋だけを例外的に「n」のまま表記しているという。その理由についてさらに尋ねると「はっきりとはわからないのですが、昔の文書を見ると国道上にある『日本橋』という橋が『n』で表記されていたのでそれに準じた、と書いてあります」とのこと。

もしかして「Nihon-bashi」という風に「日本」と「橋」を分けて考えたのだろうか? 担当者は「わからない」とのことだった。

では地図上では「日本橋」をどのように書いているのだろう。 公的な地図を作製している国土地理院に聞いてみた。「国土地理院が作製する地図では『ん』はすべて『n』で表記することにしています。例外はありません」。これは特に「何式」ということではなく、国土地理院の独自ルールだという。「ヘボン式も含めてローマ字の表記法をいろいろ検討した結果、このように決めました」。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ヘボン式にもいろいろある
エンタメ!連載記事一覧