妊娠糖尿病になって初めて分かった食事療法の難しさ米国NPの診察日記 緒方さやか

米国の医療機関などで働きながら、出産・育児を経験した著者が、仕事・出産・子育て・文化の違いなど、さまざまな切り口で、米国社会とそこで働く女性の現状を紹介。読めばリアルな米国が見えてきます。さて、今回取り上げるテーマは、妊娠中のトラブル――。著者は妊娠糖尿病と診断されたのだとか。

産科医から「体重増加が少ないわね、ちゃんと食べてるの?」などと心配され、いい気になり楽しく色々食べていた。吐き気は妊娠中期には解消したし、手足もむくまず、腰痛もない。多少の疲れと眠気以外は快適な妊娠生活だった。仕事は続けていて、「出産予定日の1週間前まで産休は認められない」と人事部に言われたが、「この調子なら全く大丈夫」と、自分の幸運を喜んでいたほどだ。

それが急転したのが、妊娠24週~28週で受ける、妊娠糖尿病スクリーン検査だった。「家族に糖尿病の人もいないし、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)歴もない。絶対に大丈夫だ」と高をくくっていたので、「陽性です」と助産師から電話連絡を受けた時は、本当にびっくりした。糖負荷試験の2時間後の数値が異常値だったという。

赤ちゃんへの糖尿病の影響はもちろん心配ではあるが、それ以外にも懸念はある。妊娠糖尿病の場合、妊婦の血糖値と胎児の測定サイズによっては、促進剤を使って予定日より前に出産しなければいけないこともある。促進剤によって陣痛が強まるとの話を聞くこともある。当然、その場合は痛み止めの量も多くなりがちだ。「できるだけ自然に出産したい」「できれば薬なしのお産を」と思っていた私にとって、これは不安なことだった。