唾液は1日にどのくらい出るか 答えは1.5リットル

唾液、つば、よだれ──いろんな呼び名があるけれど、もとは一緒。口の中に分泌される、あの液体です。“汚いもの”として扱われがちですが、実はお口のにおいを抑えるのに大事な働きをしています。唾液をいっぱい出すには、よく噛むこと。それが、口の中をキレイに保つ基本なのです。

人体が分泌する液体は、尿、涙、汗などいろいろとあるけれど、その中で感覚的に最も嫌われているのが、「唾液」かもしれない。「唾棄」(つばを吐き捨てるように、捨てて顧みないこと:広辞苑)なんて言葉もあるぐらいだし。

でも、同じ液体が“よだれ”になると、「垂涎」(あるものを非常に強くほしがること:同)という表現になるわけで、これならそんなに嫌な感じはしないかも。

まあ文学的な意味はさておき、体が働くうえで、唾液は何をしているのだろう。東京歯科大学教授の角田正健さんに聞いてみよう。

よく噛むことでにおいの原因菌が抑えられる

「唾液が1日にどのくらい作られるか知っていますか?」と角田さんは話し始めた。答えはなんと1.5リットル。500ミリリットルペットボトル3本分にもなる。

この量は、1日に作られる尿の量とほぼ同じだという。もっとも、尿は体外へ排泄されるのに対して、唾液は大部分飲み込んで回収されるので、水分のロスは唾液のほうがずっと少ない。

唾液を作るのは、口の周りにある三つの唾液腺。ものを食べたりおしゃべりをすると、ここから唾液が出てくる。どこから出る唾液も中身はほぼ一緒だ。「1.5リットルという量は平均値。かなり個人差があります」。一般に若い人ほど量が多く、年を取るほど減少する。ストレスや、糖尿病のような病気の影響で減ることもある。

唾液を作るのは「唾液腺」口の周りに3カ所ある
(イラスト:江田ななえ、以下すべて)
唾液の3大機能
1.歯の再石灰化を促す
唾液に含まれるカルシウムやリン酸が、歯の表面のエナメル質に沈着し、細かい傷や虫歯を補修する。
2.消化酵素で食べ物を消化する
アミラーゼという消化酵素がデンプンを糖へ分解する。ご飯を噛んでいるとだんだん甘くなるのはこの作用。
3.抗菌作用で菌の繁殖を抑える
リゾチーム、ラクトフェリンなどの成分が、細菌やウイルスを殺す。噛む撹拌作用で嫌気性菌を抑える。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント