PCの遅い・重いを解消 すぐ使える5つの無料ソフト

隠された高速化設定を簡単に変更できるソフト

ウィンドウズには多くのシステム設定項目が用意されているが、コントロールパネルから変更できるのは一部のみ。隠れた項目を設定するにはレジストリを直接書き換える必要があるが、この作業には危険がともなう。「カムフォータブルPC」はウィンドウズの隠れた設定項目を安全に変更するソフトである(図23図24)。最新版ではウィンドウズ7独自の設定項目もサポートしている。

図23 ウィンドウズ7やビスタは、XPに比べて機能が豊富。しかし、中には“おせっかい”な機能もある。フリーソフトを使い、おせっかい機能を止めよう
図24 サイトで「Comfortable PC ダウンロード…」をクリック。ダウンロードした圧縮ファイルを右クリックして「すべて展開」を選び解凍。「comfortable pc」をダブルクリックすると、カムフォータブルPCのインストールが始まる

例えば、スタートボタンからメニューを開いていく際、標準ではサブメニューの表示に0.4秒の待ち時間が設定されている。この値を小さくすればメニュー表示が速くなる。カムフォータブルPCには、そんな設定変更項目が複数用意され、各項目のメリットとデメリットを確認しながら設定を変更できるのだ(図25[注5]

[左]図25 メイン画面の、各設定項目を選ぶと(図中の〔1〕)、利点と欠点が表示される(同〔2〕)。これを確認してチェックし、適用を押す(同〔3〕)。設定変更後は再起動する [右]図26 「ツール」→「AutoAnalysisを開始」をクリック(図中の〔1〕)。カテゴリーにチェックを付けて「実行」をクリックすると(同〔2〕〔3〕)、パソコンの性能に合わせてチェックを付けてくれる。あとは図25のメイン画面に戻って「適用」ボタンをクリック

ウィンドウズ7/ビスタにはXPになかった機能が追加されている。中には水面下で動いてCPUパワーを消費するものもある。不要なものは停止するとよい。カムフォータブルPCは、使用中のパソコンを診断し、高速化に有効な最適の設定変更を提案してくれる。基本は、それに沿って変更を実行するといい(図26)。

[注5]もし設定変更が原因でトラブルが発生したときは、カムフォータブルPCを起動して「復元」をクリック。設定を変更した日時を選んで「OK」をクリックすると、その時点での設定が読み込まれる。その後、「適用」をクリックして設定を元に戻す。
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧