出版不況でも月刊誌続々創刊の理由 マンガ界注目ニュース(2)日経エンタテインメント!

『日経エンタテインメント!』が選んだマンガ界注目の話題を紹介する本連載。今回は、不況下でも月刊マンガ誌の創刊が相次ぐ理由、マンガ業界を大きく揺るがした「青少年健全育成条例」について解説する。

スマッシュヒット作も。マンガの青田買いは月刊誌に注目

昨今のマンガ業界では「雑誌が売れない」という話をよく耳にする。しかしそれとは裏腹に、ここ3年ほど、大手出版社による新月刊誌の創刊が相次いでいる。

その皮切りとなったのが、2007年の『月刊少年ジャンプ』の休刊を受けて、同年11月に創刊された『ジャンプSQ.(スクエア)』(集英社)。それ以降『月刊少年ライバル』『別冊少年マガジン』(講談社)、『ゲッサン』『月刊!スピリッツ』(小学館)などが相次いで創刊されており、ここ数年のマンガ界における大きなムーブメントとなっている。

それではなぜ雑誌不況の今、新月刊雑誌を出すのか。その理由を出版社に直撃取材してみたところ、いくつかの狙いが見えてきた。

まず、「新人作家の発掘」だ。『別冊少年マガジン』編集部の朴鐘顕氏によれば、「出版社の金看板である週刊マンガ誌の本誌は、売り上げを落とすわけにはいかない。そのため確実に売れる人気連載で固める傾向が強まっており、冒険的な新連載と試す新たな場を求めていた」とのこと。そこで月刊誌を立ち上げて、意欲的な新人を登用する動きが高まっているのだ。

(c)小野不由美・藤崎竜/集英社・尾鬼製作委員会

「ベテラン・遅筆作家の受け皿を作る」という側面もある。体力的には週刊誌連載は厳しいが、月刊なら大丈夫だし、固定ファンがいて「描けば確実に売れる」という作家は数多い。また、「週刊少年誌よりもじっくりと作品を作り込みたい、とはいえ内容がファンタジー寄りなので青年誌向きでもない」(『ジャンプSQ.』編集部の嶋智之氏)作家も多いそうだ。このような作家たちの新たな活躍の場として、新月刊誌を機能させようという狙いだ。

発掘した新人からヒット作も

このほかにも「アニメやライトノベルとのメディアミックスを行う」「少部数雑誌で原価を抑えて細かく利益を出していく」といった、商業的な理由も多々あるようだ。現在のマンガ業界は雑誌単体では利益が出ず、単行本の売り上げでカバーしている雑誌がほとんど。そのため「雑誌の売り上げには最初から期待せず、単行本のタマ(作品数)を増やしたい」といった意図があるのだろう。

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧