次なるキーワードは「復活」

2012年にディズニーがルーカス・フィルムを買収したことで、スピルバーグ監督、ルーカス総指揮で歴代36位などを記録した『インディ・ジョーンズ』シリーズの新作を配給する権利も取得している。『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』と、「ルーカス、スピルバーグ作品の復活」も、2015年以降のキーワードになりそう。

1980年代もルーカス、スピルバーグ時代は続き、ベスト10のうち、7本が2人による監督またはプロデュース作品に。8位の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(ロバート・ゼメキス監督、製作総指揮スピルバーグ)で主演したマイケル・J・フォックスが2013年、13年ぶりにテレビドラマで俳優に復帰し、人気が再燃中だ。

世界が改革・開放へと向かう中、明るい世相を反映して『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』シリーズをはじめ特撮を駆使した娯楽大作が80年代を引っ張った。映像はMTV時代となり、『ゴーストバスターズ』『ビバリーヒルズ・コップ』など映画と主題歌が連動したヒットが次々と生まれる

1990年代の1位は『タイタニック』で、ジェームズ・キャメロン監督が一躍ヒットメーカーに。2000年代の1位も同監督の『アバター』。『アバター』の大ヒットがなければ、以降のアメコミなどの娯楽大作で3Dの同時上映が標準になることはなかっただろう。

90年代は冷戦が崩壊し、映画市場は世界へ拡大。世界的なヒットを狙って、巨額の製作費を投入する大作時代に突入する。そんな時代の象徴が1位の『タイタニック』だ。当初1億1000万ドルの予算だったが、製作費が2億ドルに膨れ上がった。だが、結果はアメリカで6億ドル(当時)、世界で15億ドルをあげる大成功
テロや環境問題がクローズアップされる。ピンチになった地球を救ってほしいという世相から「スーパーヒューマン(超人)が活躍する」作品が好まれる。バットマン(『ダークナイト』)やスパイダーマン、海賊ジャック(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)、そして金属生命体(『トランスフォーマー』)が人気を得た

次のページ
経験の蓄積が2010年代に結実