名物マネージャーが明かす 「ももクロ」育成秘話日経エンタテインメント!

ここ数年、多くのグループが乱立し、しのぎを削る「アイドル戦国時代」と呼ばれる状況が続いている。そのなかでも、大きな成功を収めた1組が、「ももいろクローバーZ」(以下、ももクロ)だ。

2008年に「ももいろクローバー」として結成。何度かのメンバー交代を経て、2011年4月に現在の百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人組となった。2012年末には、目標としていた『NHK紅白歌合戦』に初出場。2014年3月には、史上5組目となる単独での国立競技場ライブを開催し、2日間で11万人を動員するまでに成長している。

その躍進の立役者が、グループの立ち上げから関わり、現在もチーフマネージャーを務める川上アキラ氏。大学を卒業し、1998年に彼女たちが所属するスターダストプロモーションに入社。安藤政信、沢尻エリカといった役者のマネージャーを経て、ももクロのプロジェクトに参加した。

ももクロのイベントでは演出を担当することもあるため、川上氏の存在を「プロデューサー」と受け取る人も多いが、自身は「マネージャー」以外の肩書を名乗ったことはない。「プロデューサーは“企画”を担当するのに対し、マネージャーは“人”を担当するのが役割。僕の仕事は、タレントの力を伸ばすきっかけを与えること、きっかけとなる場を与えることなんです」と話す。

結成当時は中学生。芸能活動歴も少なかったメンバーを育成するため、川上氏はどのような場を用意し、何を伝えようとしてきたのだろうか。

2014年5月に行われたUstreamを使った24時間番組では、メンバーの素顔を見せたいと、距離の近い自身が演出も担当(写真:天満眞也、以下同)

ももクロの現場に「できない」という言葉はない

ももクロの活動歴を振り返ったときに目を引くのは、時に“ムチャブリ”とも称される過酷なイベントやライブだ。

例えば、2009年5月からインディーズデビューのタイミングでスタートした「ももいろクローバーJAPANツアー2009 ももいろTyphooooon!」。東は盛岡から西は福岡まで、全国24カ所のヤマダ電機を回り、店頭でライブを行うというもの。当時、自動料金収受システム(ETC)で均一1000円だった高速道路を使い、移動は基本的にワゴン車。1日3回のミニライブと握手会が当たり前というハードなものだった。メンバーの玉井詩織は「ずっとワゴン車に座っているので、休憩で車から降りると、生まれたての小鹿みたいにヨロヨロしてました」と笑いながら当時を振り返る。

2011年5月には、ZeppTokyoで2時間のライブを1日3公演実施。しかも、すべてセットリスト(披露する楽曲の順番)を変えるという、体力の限界に挑むかのようなライブだった。しかし、メンバーは見事に合計64曲を歌い切っている。

2012年4月、横浜アリーナで2日間のライブを行った際も、様々なゲストを招いてコラボレーションを見せる1日目、メンバー5人だけで構成する2日目と、両日は全く違う内容に。しかも、1日目は楕円形のアリーナの端にあったステージを、2日目はセンターに移動する、前代未聞のセットチェンジまで行った。観客に360度囲まれた状況でパフォーマンスするため、メンバーはダンスのフォーメーションをすべて作り直すなど、ハードルの高い2日間となった。

次のページ
「自分の頭で考える」セルフプロデュースのできるタレ
エンタメ!連載記事一覧