ゼロカロリー、糖質ゼロ 「太らない甘さ」の秘密日経ヘルス

甘さは砂糖の数百倍!人工甘味料でカロリーゼロ

一方、6によく入っているのが人工甘味料で、7に入っているのが天然由来だが砂糖ではない甘味料。どちらも砂糖と同じカロリーでも甘さが砂糖の数十倍から数百倍もあり、使用量がごく少なくて済むためカロリーはゼロに近い。血糖値の上昇にも影響しない。

健康増進法が定める栄養表示基準では、たんぱく質・脂質・灰分(ミネラル)のどれにも分類されないものは炭水化物とされる。そのため人工甘味料や糖アルコールも糖質に含まれるが、糖類ではないので「糖類0」などと表示される

では、これらの甘味料なら「絶対に太らない」のか。

「実は、ダイエットソーダを毎日飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて、メタボリック症候群や2型糖尿病を発症する可能性が高いという大規模な疫学調査を、2009年にテキサス大学の研究者が発表しました。その一番の原因は『人工甘味料はカロリーがないからその分安心してたくさん食べてもいいと思う』といった行動パターンにあるのではと研究者は指摘しています」(大西さん)。

そもそも、日本人が摂取している砂糖の量は1日に約50g。米国の約90g、ヨーロッパの100gに比べると少ない。糖尿病で血糖値のコントロールが必要な人には血糖値を上げない甘味料のメリットは大きいが、ダイエットが目的なら「習慣化せずに必要なときだけ」がお薦めだ。むしろ、スナック菓子や菓子パンなどの糖質が過剰摂取にならないように気をつけたい。

【冒頭の質問の解答】 甘い飲み物はとりすぎに注意~

1. コーラなどには「異性化糖」が含まれかなりの量の果糖をとることに。
2. コーヒーに入れるグラニュー糖は精白された砂糖=ブドウ糖+果糖。
3. オレンジジュースには糖類が多く、ブドウ糖:果糖:ショ糖=1:2:2。
4. ハチミツはブドウ糖(35%)+果糖(38%)+水分(21%)+その他。
5. 黒糖は精白糖に比べてミネラル、ビタミンが残っている。
6. ダイエットコーラには複数の人工甘味料が使われている。
7. ステビアは天然由来の代替甘味料。虫歯の原因になりにくい。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント