旅行・レジャー

京都ここだけの話

変人会・瞬間湯沸かし器… 京都経済人の意外な素顔

2013/1/17

不況下でも「しぶとく稼ぐ」と評判の京都企業。たくましく、したたかに生きる経営者たちの素顔や京都での「働き方」に迫ります。

【登場人物】
東太郎(あずま・たろう、30) 中堅記者。千葉県出身。人生初の「関東脱出」で京都支社に転勤し半年。取材時もオフの日も突撃精神で挑むが、時に空回りも。最初に感動した記憶がある評伝はガンジー。「ただただ、カッコイイと思った」
竹屋町京子(たけやまち・きょうこ、25) 支社の最若手記者。地元出身、女性ならではの視線から、転勤族の「知識の穴」を埋める。ソプラノ歌手、マリア・カラスの生き様に学びたいと常々思っている。
岩石巌(がんせき・いわお、50) 支社編集部門の部長。立場上、地元関係者との交遊も広く、支社で一番の「京都通」を自認する。源義経の物語を読んで、母親が裁縫に使っていた定規を刀がわりに遊んで怒られた記憶が。
(登場人物はフィクションです)

■取材先に怒られ「ありがたや」

東太郎 部長、また取材で社長を怒らせてしまいました。とほほ。

竹屋町京子 またKYな発言をしたんですか。京都企業のトップは記者の躾に厳しいですから。

岩石部長 なかでも怖い経営者と言えば誰かな。

太郎 そりゃあ、日本電産の永守重信社長でしょう。瞬間湯沸かし器で、なんど大声でしかられたことか……。

京子 京セラの稲盛和夫名誉会長や久芳徹夫社長、ワタベウェディングの渡部隆夫相談役も、社内では「怒ると怖い」と聞きますね。皆さん、笑顔はチャーミングなんですが。

部長 渡部さんは稲盛さんが主催する経営塾「盛和塾」の一番弟子を自認していて、仕事には厳しいんだ。でも最近は、本気で怒ってくれる年長者が少なくなったしなあ。むしろ感謝しないと。

京子 そうですよ、先輩。地元信金の幹部が「京都人は言っていることと腹の中で思ってることは違うから」と言ってましたし。

部長 どういうことだ?

京子 例えば、お客さんが「いつでもええよ」と言った時の本心は「明日持ってこい」という意味だそうです。もし言葉通りに数日後に対応しようものなら、商機を逃すそうです。「こいつは能力がない」と見なしたら、何も言わずに去るのが普通だそうです。

太郎 似たような話を聞いたことがあります。「お茶はいらんよ」というのは「はよ、お茶持ってこい」って言う意味だとか。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL