マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

資産1億円を目指す3つのルール 財活で1億円!

2011/4/24

保険も見直す余地が大きい項目だ。加入している保険を理解しているか、コストは見合うのか、一度書類を見直したい。インターネットで加入できる生命保険を活用すれば、同じ保障でも毎月の支払額を抑えられる。

車についても「地方在住で車通勤の場合は必要ですが、都市部で毎日乗らない場合は、レンタカーで十分。必要に応じてタクシーを活用しても、自家用車に比べてコストは抑えられます」(花輪さん)。

家計を見直す効果を、下の図に示した。各項目で削った金額は、さほど大きくない。ただし、ムダとりの結果を集めれば月額10万円、15万円を貯蓄に回すこともできる。これを年利3%で運用すれば、年代別目標貯蓄額に到達するのも夢ではない。

 

周囲に合わせて家や車を買い、勧められるままに保険に加入。給料が右肩上がりだった時代の消費スタイルでは、お金は貯まらず老後不安は解消できない。これからの時代、自分年金1億円に到達するためには、見栄を捨てて家計をシンプル化する勇気が必要だ。

 
ファイナンシャルプランナー
花輪陽子さん
2001年青山学院大学国際政治経済学部卒、外資系投資銀行に入社。2009年独立。著書に『夫婦で年収600万円をめざす ! 二人で時代を生き抜くお金管理術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL