MONO TRENDY

デジモノNAVI

スマホ電池切れ回避の特効薬 「携帯バッテリー」実力テスト

2013/6/28

パナソニックの調査によると、スマートフォン(スマホ)のユーザーで電池駆動時間に不満を持っている人は、全体の6割以上を占める。特にアンドロイド端末は、バックグラウンドでアプリが動作するケースも多いため、消耗が激しくなりがちだ。使っていないアプリをこまめに切る作業も必要だが、仕事でもスマホを活用しているのなら、充電式の「モバイルバッテリー」は必携の存在といえる。スマホやタブレットの「電池切れリスク」に備え、常に1台は持ち歩いておきたい。カタログ値からは分からないモバイルバッテリーの実力を、合計の給電時間が100時間以上におよぶテストで検証した。

朝に満充電だったはずなのに、夕方にはもう残量が20%に…。二つ折りのケータイ時代にはあまり見られなかった、スマホでおなじみの光景だ。

いまやスマホやタブレットでもさまざまな仕事ができるが、高機能ゆえの“犠牲”になり続けているのが端末の電池だ。駆動時間に不満を持つ人は非常に多い。

そんな状況を反映してか、「放電したほうがバッテリーの持ちが良くなる」「こまめな充電は電池の劣化を早める」といった噂も飛び交う。

ただ、こういった話は、以前に充電池の主力で使われていたニッケル水素電池時代のもの。現在主力のリチウムイオン電池はニッケル水素電池の弱点を克服しており、小刻みな充電でも劣化を早めることはほとんどないと考えてよい。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL