放射性物質汚染問題で見えなくなるリスクホントが知りたい食の安全 有路昌彦

すべての食べ物にリスクがある

にもかかわらず、いまだに一部のメディアは危険だ危険だと騒いでいます。またそういう発言をする人もいるので、その結果風評被害が発生しています。

危険を煽ったり、必要以上に怖がっているのを見ると、「リスクは量である」ということを忘れてしまっているように感じます。

「リスクがあるかないか」で言えば、あらゆるものにリスクはあり、この世のすべての食べ物にリスクはあります。リスクがあるものは食べない、というのであれば、この世に食べるものはなくなってしまいます。

普通に野菜を食べても毒性のあるシュウ酸を摂取してしまいますし、ミネラルウォーターを飲んでもヒ素を摂取してしまいます。

上述の牛肉のリスクはそれと水準の変わらないリスクで、死亡の原因となるリスクとしては1億分の1以下です。

全体のリスクの量を減らすには

健康を害したり死に至るリスクとは、その人が直面するあらゆるリスクの足し算の合計になります。小さなリスクにこだわりすぎるよりも、「全体のリスクの量を減らす」という視点を持つことが大切です。

子どもを持つ親としては、できる限りリスクを減らしたいものです。子を持つ父親として、私自身もそう思います。

ならば、できるだけ大きなリスクを小さくすることに予算を使ってもらわないといけません。例えば同じ予算を使っても、10000の大きさがあるリスクを半分にしたら5000減りますが、1しかないリスクを半分にしても、全体は0.5しか減らないのです。

国際的に、リスクは死亡のリスクが100万分の1以上のものについて対策を優先することが目安になっています。

100万分の1以上のリスクは数多く存在し、こういった大きいリスクを小さくしていかないと、全体のリスクは下がりません。従って、1億分の1以下の小さなリスクにこだわってお金を使い続けると、予算は有限なので、「注目されていないけどより大きなリスク」を下げることに予算が振り分けられなくなるからです。事実振り分けられていません。ついでにいうと、受動喫煙も含むタバコのリスクは、今回の牛肉のリスクの数100万倍です。食中毒のリスクも数十万倍です。

大切なことはこういった放射性物質に関する問題でも、「より大きなリスクから選択的に対策する」ということを頭に入れておけば、みなさんが本当に面しているリスクを実際に下げていくことができるのです。

有路昌彦
近畿大学農学部准教授。京都大学農学部卒業。同大学院農学研究科博士課程修了(京都大学博士:生物資源経済学)。UFJ総合研究所、民間企業役員などを経て現職。(株)自然産業研究所取締役を兼務。水産業などの食品産業が、グローバル化の中で持続可能になる方法を、経済学と経営学の手法を用いて研究。経営再生や事業化支援を実践している。著書論文多数。近著に『無添加はかえって危ない』(日経BP社)、『水産業者のための会計・経営技術』(緑書房)など。

[ecomomサイト2012年2月7日付記事を基に再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集